ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長がシーリングファンの色々なことについて書いていくブログです。

2020年02月

27 2月

オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整

こんにちは!

今回はシーリングファンに不具合があり、交換工事に行ってきましたのでその様子をレポートさせて頂きます。

症状としては、工事当初は動いていたが2~3日すると急に動かなくなってしまったということです。

点検して原因を探ります。


保守工事2019914~_200227_0189


点検した結果、不具合の原因はパイプの下までは写真のように電源が来ていることから本体部分の何らかの不具合ということがわかりました。

この場で修理することはできない不具合なので、新しいものに器具を交換します。


ただ、、


交換した後の商品は羽根のバランスが悪く少し揺れが出てしまいます。




こういう時はお客様の了解を取り、羽根のバランス調整です。

保守工事2019914~_200227_0188

写真ような重りを付けて、どこに付けた時が一番揺れが軽くなるか見ていきますので、経験があっても結構時間のかかる作業です。


保守工事2019914~_200227_0187

保守工事2019914~_200227_0186

結果、2枚の羽根に合計3つ7.5gの重りを付けることでほとんど揺れが収まりました。

羽根がリバーシブルになっている場合、重りを付けた側の色は使えなくなりますので事前にお客様へ相談が必要です。




こちらが揺れ調整後の動画です。

どうですか?気にならないレベルまで揺れが落ち着いていますでしょうか。

お客様にも満足いただけました。

ただ、どう頑張っても少しの揺れが残る場合も時々あるのですが、安全上問題ない範囲の揺れ幅であればお客様に説明して安心して使って頂くようにお話ししております。


保守工事2019914~_200227_0185


今回のお客様の家は、木を基調とした素敵なお宅でした。

設置してあるシーリングファンは下記から購入可能です。

大風量 傾斜対応 LED 調光 電球色 5灯 オーデリック製シーリングファンライト【OMB024】


シーリングファンとともに風のある生活を楽しんでもらえればと思います!


シーリングファン専門店fazooの店長小俣





17 2月

渋谷区のオフィスにシーリングファンを設置させて頂きました!

※2020年3月3日更新

こんにちは

シーリングファン専門店ファズー店長の小俣です。

今回は渋谷区のオフィスにシーリングファンを3台設置致しましたので、その紹介をさせて頂きます。


ご担当者様のお悩みは、やはり冬の足元の寒さです。

そちらをシーリングファンで解消できないか?というのがご依頼内容でした。

オフィスはどうしても机がありますので、暖房をかけても足元はなかなか温まらないのです。

当店もその理由からオフィスにシーリングファンを3つも付けております!


当初、頂いたオフィスの図面はこんな感じです。

teian


■オフィスや店舗などに複数台のシーリングファンを設置する流れは下記のとおりです。

お問合せ(お客様)

お写真や図面などデータを頂く(お客様)

概算の見積もり送付

金額的に予算内ということであれば詳細の下見

最終の提案とお見積り

日程調整

工事

オフィスにはもちろん天井照明がありますので、シーリングファンの羽根が照明とかぶりチラつきがでてしまわないか?

火災報知器もありますので、そこから基準値を離さなければいけません。

詳細な下見を行わせて頂いた結果、最終的に火災報知機などの兼ね合いもあり、緑色の丸の部分にシーリングファンを設置することをご提案させて頂きました。


mae


設置前のオフィスの風景です。

当初は、ライティングレールとライティングレールの間に新規で配線を敷設して設置することを検討しましたが、下見に行かせて頂いたところ、ライティングレールが木製でシーリングファンのベース金具を固定できそうでしたので、そちらに直接取り付けることにしました。

このように設置することで、新規配線工事が不要なぶん安価に仕上がりますのでお客様の負担も軽減されます。

ライティングレール(ダクトレール)上のスポットライトを業務に支障がでない程度に移動しての取り付けを行っていきます。


工事アルバム2019612〜_200210_0674

工事後後のオフィスの様子です。


IMG_6414

機種はパナソニック製の大風量 DCモーターシーリングファンです。

本来は1100mmの大きな羽根の方が30%くらい空気の撹拌効率が良いのですが、今回は照明などへの影響でチラつきが出ることを軽減させるため、羽根は900mmの小さいタイプを選択しました。

お陰でうまく光源をかわし設置することができました。

同じシリーズの大きな羽根は下記のページで確認できます。

大風量 軽量 パナソニック製シーリングファン【PCF001】

ただ、DCモーターの小さい羽根でも大風量なので、こちら1台でも16畳くらいまでカバーできる風量はございます。


幸い既設のライティングレールはしっかり強度もあったので、この設置方法で落下する危険はなく世知することができました。

いくつか設置後の写真をご紹介します。


IMG_6401

IMG_6410

作業時間は3時間程度です。

しっかりと養生をして、事前の下見があったのでスムーズに工事を終えることができました。


オフィスの足元の寒さ対策に悩んでいる企業様や店舗様、シーリングファン専門店ファズーであれば解決ができるかもしれませんので、ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

最近も天井の高い保育園からの問い合わせが新規入っています!


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣




ギャラリー
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
  • オーデリック新商品シーリングファンの交換工事と揺れ調整
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・ライトの通販専門店はこちら


ペンダントライト照明専門店fazoo-pl【姉妹店】
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
タグ絞り込み検索