ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長ブログです。
シーリングファンのさまざまな事を綴っていきます。 時には個人的な日記なども。

取り付け工事

11 11月

大田区東馬込の2階リビング吹き抜けへのシーリングファンライトの取り付け工事とチラつき動画

今日の湘南は雨ですね。

今、海沿いのモスカフェでこの記事を書いています。

秋の雨はすごく寒いですが、乾いた空気か綺麗にうるおう気がして気持ちいいです。


こちら湘南に引っ越してきて、もう6か月経ちました。

従業員も10人を超えそうで、ゆっくりとですが確実に成長しています。


シーリングファンの魅力を少しでも多くの方に伝えて、取り付けようと思ってくれた方々の参考になればといつも考えています。

それならもっと記事を書けってことなのですが、月1くらいの更新で申し訳ないです。。


さて、今回は大田区東馬込の新築の2階リビングに
DCモーター製シーリングファンライトの取り付けにいってきましたので、そちらのご報告です。


・天井傾斜:あり 20度くらい
・床から取り付け位置までの高さ:約3,300mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:約2,620mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸型フル引掛シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:681mm
・延長パイプ(延長ロッド):400mm(fazooオリジナル)
・ファンの重さ:8.0kg


IMG_4459

今回のお宅は吹き抜けの開口が1,800mm、天井高が3,300mmというシーリングファン選びが非常に難しい吹き抜けでした。


通常、このオーデリックのシーリングファンライトは60cmの延長パイプから傾斜天井取り付け可能なのですが、そのまま3,300mmの天井に取り付けてしまうと圧迫感が出てしまうので、当店で20cm加工して40cmの延長パイプで設置しています。


また、ファンの先端から吹き抜けの近くの壁までが30cmくらいしか空いていませんが、こちらも当店の経験上問題ないと判断し設置しました。



IMG_4451

上記でわかると思いますが、実際にそんなに窮屈ではなく設置されていると思います。

羽根の先端と傾斜天井部分のスペースも十分に取れています。


IMG_4454

 IMG_4456

如何でしょうか。

これなら全然違和感がないと思います。

実際の風量や運転させたときもブレや風量の減衰などを見られませんでした。


IMG_4457
 
もちろん、スペースが許す場合はメーカー推奨値に従う方安心かとは思いますが、同じような造りの場合はこのような設置もできるということが参考になればと思います。


また、お写真を見て気づいた方もいらっしゃると思いますが、こちらのお宅は傾斜天井の上部にダウンライトがあります。

シーリングファン取付位置とダウンライトは1,500mmほど離れています。



通常であればチラつきが出てしまう位置関係になりますが、ダウンライトが集光タイプではないのでほぼチラつきは出ていません。

如何でしょうか。


また、もしチラつきが出てしまう場合でもシーリングファンの照明を点灯させて、ダウンライトを切れば明るさは確保できます。


シーリングファン専門店では、たくさんの方にシーリングファンの設置をご検討いただけるように今後も有用な情報を発信していきたいと思います。


現時点で1万台以上の販売実績と1000件以上の工事実績がありますので、シーリングファンのことで何か疑問点やわからないことがありましたら、プロの方でも一般のお客様でも何なりとご相談くださいませ。


シーリングファン専門店fazoo 小俣

 
30 9月

横須賀市のマンションへ海外シーリングファン Matthews fan company Irene-3H の取り付け

こんにちは

店長の小俣です。

夏も終わり、秋の気配が深まってきた今日この頃です。


今月から新しいパートさんが入りまして、また会社がフレッシュな雰囲気になりました。

やはり主婦のパワーはすごいですね。日々関心させられます。


これで総勢8人+産休1人の9人になったのでますます頑張らなくてはと思っています!!



さて、今回はMatthews fan companyという海外製のシーリングファンを取り付けてきたので、そちらのご紹介です。

詳細は下記のページでご確認ください。
http://www.matthewsfanco.com/index.php?page=irene-3h


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:2400mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2150mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:マンションの9階
・ローゼットの形:引掛埋込ローゼット
・取り付け商品:Matthews fan company Irene-3H
・ファンの幅:1070mm
・ファンの全高:250mm
・延長パイプ(延長ロッド):なし
・ファンの重さ:約5kg


海外のシーリングファンは通常マンションには取り付けできないのですが、どうしてもこちらのシーリングファンを取り付けたいという事だったので、いろいろと確認して設置させて頂きました。


やはり日本に無いデザインなので、魅力がすごくあるのだと思います。



IMG_3596

最初の状態はこんな感じです。


IMG_3625

取付後、こんな感じになりました。

海外シーリングファンにしては、コンパクトで高さも250mmとすごく薄いです。

メーカーのサイトを見ますと、照明付きもあるようです。


IMG_3606

羽根は木製ですが、すごく軽くできています。

1枚200gくらいです。(たぶん)

だから全体で5kgという軽量化を実現できているだと思います。


IMG_3616

最初についていた、ローゼットは外してマンションのBOXのネジ穴に直接アタッチメントを止めていきます。


IMG_3607

アタッチメントはこのような形です。

キズ防止のクッションもついています。

アタッチメントがこのままだと設置できないので、このアタッチメントをネジ穴に合わせて加工します。


IMG_3610

その他の部品はこのような形です。


IMG_3617

本体の取り付け


IMG_3620

組みあがったら羽根を付けていきます。


IMG_3623

完成です!


IMG_3631

サイズ感もこの木目の感じもすごく良いです。

日本の住宅にも十分設置できるものだと思います。


IMG_3627

下からの形も綺麗です。


このように海外のシーリングファンでも当店であれば、設置できる可能性がございますので、マンションだからとあきらめている方は、是非一度ご相談くださいませ。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣 

 
25 8月

川崎市宮前区の2階リビング吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんにちは

すでに8月も終わりに近づいてきました。


皆さま、この夏はどのような夏になりましたでしょうか。

私は、ことごとく企画したBBQが雨になるという悲しい夏になりました。

翌日は晴天、みたいな。。


やはり雨男はいつになっても変われないらしいです。


気を取り直して本題です。

今回は川崎市宮前区の2階リビング 吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事のご紹介です。

以下、詳細


・天井傾斜:あり 取り付け位置は無し
・床から取り付け位置までの高さ:4160mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3231mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:露出ローゼット
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:929mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:9.4kg
 

IMG_2275

本体は白、羽根はナチュラルとダークブラウンのリバーシブルです。

今回はナチュラル色の方を選択し取り付けております。


IMG_2274

冬はエアコンの暖かい空気がこの天井に溜まってしまうので、かなり役立つと思います!

こちらの商品は、風量はある程度ありしっかりと下で風を感じることが可能です。


IMG_2277

5灯になり、1灯あたり60W相当の明るさがあるので十分な明るさです。

調光はできないですが、点灯切り替えが5灯→3灯→2灯→消灯と可能です。


IMG_2272

こちらが点灯した時の写真です。


お客様にも大満足頂きました。

ありがとうございます。


夏ももう少しで終わりますが、秋はシーリングファンが一番気持ちいい季節です。

取り付けてみようかな? でも何から選べばいいかまったくわからない

というお客様も是非一度、当店にご相談ください!


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
5 7月

船橋市本郷町の2階~3階の5mの吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんばんわ

店長の小俣です。

最近はこの猛暑でこちらのブログも結構見て頂いているようです。
がんばって更新をしないとです。


藤沢に引っ越してからいろいろなことが新しく進んでおりまして、
そのうちの1つが新しいスタッフが増えたことです。

ニューフェイスが入るという事は、いい意味で会社の雰囲気が変わりいいですね。

早く仕事を覚えて、毎日楽しく働いてほしいと思っています。

さて、本題に入らせて頂きます。


今回の工事詳細です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:5250mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4433mm
・部屋の広さ:LDで約16帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:817mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:4.9kg


IMG_2278
 
吹き抜けの始まりのところにレールについたスポットライトがあったので、
今回は照明なしでの設置です。


IMG_2280

開口的には、両側の窓を全開に開けてもファンの羽根と接触しない大きさだったので、この風量の大きなシーリングファンを設置することができました。

直径は120cmございます。

6枚羽根でグッドデザイン賞受賞のシーリングファンです。


IMG_2281

3階の踊り場からです。

90cmの延長パイプで設置すると、手を伸ばすと少し近づきすぎてしまいます。

ということで今回は60cmのパイプを選択しました。


IMG_2283

グレーの本体が吹き抜けをシックに彩ってくれています。

5mの吹き抜けに60cmパイプで設置しても、しっかり下まで風は届いておりました。


冬場になると、大分暖房効果が変わってくると思います。

このような吹き抜けの場合は、上向きの回転だと3階の踊り場に空気が行ってしまって2階が温まらないので、冬場も下向きの回転で、エアカーテンのような役割で使っていただくのが良いかと思います。


当店はこのように2階の吹き抜けなどでも、組み立て足場を使用してシーリングファン取り付け工事を行うことが可能です。

在庫があるものであれば、2種類延長パイプをお持ちして当日お選びいただくという事も可能です。


お陰様で、この春で工事実績も1,000件を突破しました。


シーリングファンの導入をお考えであれば是非一度、当店にご相談ください。

他店ではアドバイスできない商品選びのポイントなど丁寧に説明させて頂きます。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
6 4月

シーリングファン取り付け工事の様子を動画でご紹介

こんにちは

店長の小俣です。

4月になりましたね。そろそろ東京の桜は散りそうですが、今年もお花見に行けていません。

狛江市や世田谷区にはたくさんの桜があるので、毎日通勤時に見たりしてちょっとしたお花見を楽しんでいます。

でもやはりゆっくりと日本酒を飲みながら昼間からお花見をしたいですねー。
来年こそは!


本日はいつもと少し変えて、シーリングファン工事の様子をタイムラプス動画に編集しましたのでご紹介したいと思います。

工事士は弊社 株式会社アイ・ヴィレッジの取締役でもある佐久間です。
ちなみに動画編集も佐久間です。


それではご覧ください。

ちょっと早すぎるかもしれませんが、当店のシーリングファン取り付け工事の様子がわかるかと思います。





天井高は2400mmで通常の高さです。

取り付けた商品は風量が大きい、パナソニック製のシーリングファンライトです。

http://www.fazoo.biz/SHOP/PDB052.html

こちらは拡散タイプのLED電球が4灯ついております。


工事終了後の写真は下記になります。

IMG_0740

IMG_0741

IMG_0748


これからもシーリングファンのことをたくさん発信していきますので、よろしくお願いします。

シーリングファン専門店fazoo 店長小俣

 
15 3月

海外製シーリングファン Minka Aire Wave F843-DKのモーター音軽減 調整工事

みなさま

こんにちは、店長は今日も元気です。

今日は表題の通り、 海外製シーリングファン(Minka Aire Wave F843-DK)のモーター音を軽減する調整工事をしてきましたので、そちらのご紹介です。

通常は日本製でも海外製のシーリングファンでもそんなにモーター音が気になる事はないのですが、時々家の構造上どうしてもモーター音が反響してしまい大きな音になってしまうことがあります。


今回は一度住宅メーカー様側で海外のシーリングファンを取り付けたのですが、モーター音が大きすぎるからどうにかならないかと相談があり伺いました。


天井高は1階~2階の吹き抜けで5mくらいです。


早速ローリングタワー足場を立てて工事開始です。


IMG_0318

IMG_0322


IMG_0331

設置されていたシーリングファンはMinka Aire F843-DK Wave KOA色でダウンロッドのサイズは70cmくらいです。

この長さでも十分な風を1階の遅れますので、ダウンロッドの長さの指標にして頂ければと思います。


IMG_0324

音の原因ですが、恐らく全館空調システムだと思います。

全館空調がついている家は、天井裏に風を送るパイプを通すためどうしても空間があいています。

恐らくそれが原因で音が響いてしまっている感じでした。


動画を撮りましたので下記をご覧ください。



如何でしょうか。
この籠った、ボーっという音聞こえますでしょうか。

リアルな音を聞くととても生活ができる音ではなかったです。

お客様もシーリングファンの故障かと思い、シーリングファンを購入したお店に相談したということでした。


これを調整して音を軽減していきます。

調整方法としては、特殊なスポンジをシーリングファンと天井の間にうまく挟み込むという作業です。

このスポンジは、柔らかすぎても硬すぎても効果がないので選ぶのが難しいです。


調整後が下記の動画です。



如何でしょうか。

ボーっという音がかなり小さくなっているのがお分かりになると思います。

かなり静かな場所で聞かないと分からないかもしれません。

私はイヤホンやヘッドホンで聞いて確認しました。



かなり改善され施主様も大満足でした。

最後にすべて元通りに組み立てて完了です。

 

このレベルであれば、十分生活の中で使っても問題ないと思います。


IMG_0320

ちなみにお伺いしたお宅はすごくオシャレなお宅でした。

ダイニングテーブル上にはペンダントライトがあり、その横からリビングの吹き抜けへとつながります。

お客様のセンスが良いなーと感じました。


最後にお写真を撮らせて頂いたのでご紹介します。

IMG_0335

IMG_0337

やはり海外製のシーリングファンはデザインが素晴らしいです。


いつかMinka Aireと総代理店契約を結んでこの素晴らしいシーリングファンを日本にも正規で輸入できたらと思っています。


こちらと同じシーリングファンはホームページには掲載しておりませんが、当店でも扱っておりますので気になる方はご連絡ください。

その他の海外(輸入)シーリングファンの取り寄せも可能です。

お値段や納期などご案内させて頂きます。


このように当店では日本で唯一のシーリングファン専門店として、ナレッジを蓄積しどのような問題にも解決できるように日々進化しております。

シーリングファンでお困りのことがございましたら、当店まで是非お電話くださいませ。
シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



 
7 3月

神奈川県平塚市の3mちょっとの傾斜天井 シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんばんわ。

いつも通りのお陰様で忙しい3月です。約1か月ぶりの記事ですね。

ご無沙汰しております。

業務拡大のための新オフィスも決まりまして、着々と引っ越しの準備も進んでおります。

引っ越し先は神奈川県の藤沢市になりますが、今後も今まで通りできるだけ多くのお客様に工事をご提供できるような体制を整えて行きますので、よろしくお願いします。


さて、本題に入らせて頂きます。

今回の工事詳細です。

・天井傾斜:6寸勾配 30.9度
・床から取り付け位置までの高さ:3300mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2615mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1132mm
・ファンの全高:615mm
・延長パイプ(延長ロッド):400mm(fazooオリジナル加工)
・ファンの重さ:4.7kg


今回のお宅は、3.3mの6寸勾配(約30度)の傾斜天井へのシーリングファンの設置です。

当店で人気のオーデリックのDCモーター製シーリングファンですと、メーカーカタログ上では60cmパイプからしか傾斜対応ではないのですが、そのまま3.3mの天井に取り付けると、どうしても少しだけ圧迫感が出てきてしまいます。

そこで当店では安全を検証した上で、パイプ加工サービスを行っておりますのでそちらで工事を行わせて頂きました。

加工費は商品代金+5,000円+消費税です。


IMG_0631

IMG_0635


こちらが設置後の、羽根の先端と壁の距離です。

こちらのファンが1132mmなので、半径が566mmになります。

この状態で、ファンの羽根の先端から壁まで15cm以上クリアランスが取れておりますので、他のメーカーの基準などを複合した当店の基準から見ると、問題ないと判断できます。


IMG_0633

少し離れた写真です

40cmの延長パイプで、傾斜の天井が30度でも結構距離が取れることがわかると思います。


IMG_0636

こちらが下から撮った写真です。

このシーリングファンは風量が大きいので、真下はかなり風がきます。

梅雨のシーズンなどは部屋干しにも効果を発揮してくれると思います。


IMG_0637

 IMG_0638
 
IMG_0641

このように当店では、お客様のご要望に合わせて安全の範囲内でパイプを加工して設置することが可能です。

ほぼすべてのシーリングファンの延長パイプを加工できますので、お気軽にご相談頂ければと思います。


天井が3mくらいの傾斜天井だと、既存品で取り付けができるシーリングファンは限られてしまいます。

そんなときは是非当店に一度ご相談くださいませ。

■ご相談頂きたい天井高

270cm 傾斜天井
280cm 傾斜天井
290cm 傾斜天井
3m 傾斜天井
3m10cm 傾斜天井
3m20cm 傾斜天井
3m30cm 傾斜天井


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣

 
10 2月

千葉県市川市にて吹き抜け5mの高所天井シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんにちは いやー今日も寒いです。

社員旅行から1か月が経とうとしておりまして、次は社員でバーベキュー大会でも開きたいなーと考えている今日この頃です。


2月も毎日たくさんのご注文やいろいろな問い合わせを頂いております。

これから3月にかけてが一番忙しいシーズンになりますので、工事をお考えの方はお早めにご予約くださいませ。


今日は千葉県市川市で行った、組立足場工事(通称:ローリングタワー)工事の様子をご紹介します。

通常4mを超える天井高ですと、8尺(2.4mくらい)の脚立の搬入は難しいので組立足場の工事となります。

天井の形状によっては4.3mくらいまではぎりぎりで脚立の工事が可能なのですが、それ以上の場合は全てこのローリングタワーの工事になります。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:4950mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3800mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg


当店が持っているローリングタワーは、室内用のコンパクト型のものです。

あまりローリングタワーを自前で持っている電気工事店はいないのですが、当店はシーリングファンという高所に付けることが多い商品を扱っておりますので、それに特化した組立足場の用意があります。


DSC00498

こちらが室内にローリングタワーを建てた様子です。

横幅が65cmで奥行が130cmくらいなので室内でも楽々立てることが可能です。


DSC00499

ちょっと引いた写真です。

実際には今見えてる天板の上に乗って作業します。


DSC00500
 
こちらが完成形です。

手すりも全方向についていますので、安全です。


DSC00501

ここからだと楽々取り付け位置にも届きますし、力も入れられます。


DSC00503

下を覗いた写真です。

こう見ると結構高いですね。でも揺れもあまりなく安全に作業できます。

下に斜めの支えが見えると思いますが、こちらの支えを合わせても2m×2.5mのスペースしか必要ないです。


DSC00504

実際に作業をやっているところです。

90cmの延長パイプを取り付けると結構したまで下がってきますので、床板に座っての作業になります。


DSC00507


取り付け完了です。

実際にこちらのお宅は吹き抜けのサイズが3m×2mくらいだったと思います。

このくらいのサイズがあれば、110cmくらいの直径のシーリングファンを付けてもバランス的にもいいですね。


DSC00515

ちょっと写真の色合いを変えて。


DSC00519

2階から見た写真です。


このように当店では吹き抜けの高所天井でも6.5mくらいまでの高さであれば工事可能です。


シーリングファンだけではなく、高所天井や吹き抜けの照明工事にお困りであれば、いつでもご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 小俣 
13 1月

海外 輸入 ハワイ シーリングファン Fanimation製 THE ISLANDERの取り付け工事 2件目

こんばんわ。

今年も年末年始とスノーボードに行き、この前の3連休も野沢温泉に行ってきましたが、雪不足で本当に困っています。

せっかくの冬が、、でも昨日あたりからかなり気温も下がってきて冬型に戻りつつありますね。

野沢温泉スキー場は30%くらいが外国人でした。びっくり。

本当に訪日の外国人の方が増えているんだなーと実感しました。


町の共同浴場とかで、日本人の見様見真似で温泉にきょろきょろしながら入っている姿とかみるとほっこりします。

もっと日本の魅力が伝わっていけばいいですね。


あらら、脱線してしまいました。

本題に戻ります。


今回はお正月に明けに取り付け工事に行ってきた海外輸入シーリングファン DCモーター製のFANIMATION THE ISLANDER DC モーター(ファニメイション アイランダー)のご紹介です。


こちらのお客様はリピーターの方で、毎回ハワイのパシフィックシーリングファンでご自身でファンを購入してきて、当店に取り付け依頼をしていただけるお客様です。

お客様のご自宅にはすでに4台シーリングファンがあります。

かなりのシーリングファン好きです!

一応メーカーページは下記になります。

http://www.fanimation.com/products/islander_dc/


IMG_9384

羽根は樹脂製で、この前のブログの実際の植物を使った羽根とは違います。

この方がメンテナンスは楽だと思います。


IMG_9390


IMG_9391

羽根はこのような模様になっています。


IMG_9398

真下からの写真です。

さすがのDCモーターで結構は風量です。
音も静かなので、まったく気になりません。


IMG_9403

照明は、ハロゲン球が1個で大体60Wくらいはありそうでした。

もちろん、無段階調光可能です。


IMG_9408

これが最後の一枚

お部屋の雰囲気にぴったりですね。


IMG_9412

こちらがリモコンです。

日本のシーリングファンだと大体が3段階~4段階調整ですが、こちらは6段階です。

かなり繊細に調整できそうです。


当店はこのように海外のシーリングファンから国内のものまで、シーリングファンのことであれば、商品選びから取り付け工事まで、なんでもお受けしております。

シーリングファンのことで何かお困りのことがあれば、当店が解決しますので何なりとご相談ください!

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣


 
17 12月

海外 輸入 ハワイ 南国風 シーリングファン Fanimation製 THE ISLANDERの取り付け工事

みなさん、こんばんわ!

いやーお陰様で本当に年末は忙しく、ブログの更新が滞りがちです。


昨日は体調が悪く、そろそろやばいかな?と思いましたが、打ち合わせの後お酒を飲んだらすっかり良くなりました!

アルコール消毒ってやつですかね。素晴らしい。


今は少しのどが痛いだけなので、このまま順調に回復に向かってくれればありがたいです。

年末ぎりぎりまで盛りだくさんの工事予定なので、体調を壊すわけにはいかないです!はい


そんなことより、2回連続になりますが今回は海外の素敵なファンを取り付けてきましたので、そのご紹介です。

名前は、 Fanimation製 THE ISLANDER です。

うちと取引のあるパシフィックシーリングファンさんで扱っています。

もし、ご興味あるかたはお問い合わせくださいませ。


メーカーのHPは下記になりまして、

http://www.fanimation.com/products/islander/

恐らく商品は下記のリモコン付になると思います。
お客様持ち込み工事だったので、100%正解ではないかもしれません。

http://www.fanimation.com/products/enlarge.html?family_id=1&group_id=459



取り付け場所は、1階~2階の吹き抜けのリビング天井で5.3mになります。

いつも通り、ローリングタワーという組立足場での工事です。

今日は写真を多めに紹介していきます。

IMG_8944

こちらが配線です。
ここにファンを取り付けます。


IMG_8946

ローリングタワーという組立足場を2段組んでいます。
下にあるソファーは少し移動させて頂きました。


IMG_8950

箱を開けて組立です。
海外製のシーリングファンは日本のものに比べて部品が多く複雑です。


IMG_8951

こちらが今日取り付ける羽根です。
本物の植物で作られているようです。


IMG_8952

味わいがあります。


IMG_8953

これが金具で羽根を挟み込んだ後です。
羽根は破れやすいので取扱い注意ですが、予備の羽根が一枚同梱されておりました。


IMG_8956

シーリングファンのベースを天井に施工していきます。

今回のファンはそこまで重くないのですが、特に10kgを超えるシーリングファンの場合は、しっかりとベース金具を固定することが必要です。


IMG_8958

羽根を取り付けていきます。


IMG_8959

羽根がすべて取り付け終わりました。
なんとも言えない絶妙なバランスです。


IMG_8960

少し上から見た写真です。


IMG_8963

取り付け完了です。
作業時間としては、2時間程度でしょうか。

通常の日本のシーリングファンが大体1時30分程度で終わるので、30分くらい多くかかっています。


IMG_8964

吹き抜けの横にお部屋があり、そこからの写真です。
ダウンロッドの長さは今回90cmくらいだったと思います。


IMG_8969

上からの写真


IMG_8975

下から


IMG_8977

もっと下から
羽根のバランスがいいですね。
風量も結構あり、しっかりと5mの吹き抜けの空気を循環していました。


IMG_8978

最後に横からの写真です。


お客様のリビングの家具は全てハワイを意識したものになっており、このシーリングファンを選んだ理由がすごく良く分かりました。

私もあこがれてしまうくらい、素敵なお家になりました。

きっと友達などを呼んだ時にも、みんなの憧れの部屋になること間違いなし!



このように当店は海外製の輸入シーリングファンの取り付け工事も承っております。

今までの経験と知識を生かして、しっかりと確実で安心できる工事を心がけております。


何かシーリングファンでお困りの事がございましたら、お気軽にお電話くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



 
ギャラリー
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


fazoo姉妹店ペンダントライト照明店オープンキャンペーン中
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード