ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長ブログです。
シーリングファンのさまざまな事を綴っていきます。 時には個人的な日記なども。

取り付け工事

20 6月

藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例


こんにちは!斉藤功一です。

先週の金曜日にブログを書く予定でしたが、ちょうど会社近くのお客様のご自宅で工事をしていたので、書くことができませんでした。

この工事は配線がまだきていない天井へ新規配線を行いシーリングファン取り付けるというものです。

インテリアに拘っているお客様で素敵なご自宅でしたのでご紹介させて頂きます。

その後、工事店の人と飲みにいったので書けなかったのはナイショです。。



・天井傾斜:無し
・床から取り付け位置までの高さ:約2355mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2107mm
・部屋の広さ:LDで約20帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:配線無し
・取り付け商品:ホワイト 4枚羽根のオーデリック製シーリングファン
・ファンの幅:1132mm
・ファンの全高:248mm
・延長パイプ(延長ロッド):無し
・ファンの重さ:4kg


IMG_7607

天井との色合いも良く合っていて、とても後から新規配線で設置したとは思えない仕上がりになったと思います。

でも設置するのにはもちろん困難もありました!


IMG_7590

少しわかりずらいかもしれませんが、緑色の印が付いている箇所がシーリングファンを設置した位置になるのですが、最初は何もない状況です。

そのため、近くのダウンライトを外し天井裏の状況を確認しております。


IMG_7596

なんとか配線を引くルートを見つけたのですが、もしかすると天井に1箇所、壁に1箇所、手が入るほどの穴を空けないと電源ケーブルを引けない可能性がありました。

ただ、そうするとせっかくの薄い青色の壁に、白いプラスチックのカバーが付いてしまうことになります。

お客様もできればそれは避けたいというご希望がございました。


IMG_7600

なんとか壁に穴を空けずにできないか粘ってみたところ、新たな配線ルートを発見することができ、壁に穴を空けずに希望の位置まで配線を引き回すことができました!

うちの工事部隊はさすがです!(自画自賛)

そして天井部の穴は白いカバーで隠し、すぐ隣にシーリングファン用のメインスイッチも増設完了です。


IMG_7617

シーリングファン用のスイッチは壁に増設することが多いですが、お客様のご自宅の壁スイッチは調光タイプのスイッチでダウンライト専用で使われていたため今回は天井に設置です。

基本操作はリモコンで行えるので、困ることはあまりないかと思います。


IMG_7611

ダイニングテーブル側とリビングのソファー側で上部から風が体感でき居心地の良いお部屋になったのではないでしょうか。

今までリビングに当たり前のようにあった扇風機もこの夏は必要ないかもしれません。


当店では普通天井、高所天井でも新規配線のお問い合わせを多くいただきます。

何もない天井でもシーリングファンを取り付けられる可能性はございますので、
少しでも気になる方は是非ともお問い合わせくださいませ!

経験豊富なスタッフが、綺麗に新規配線を行いシーリングファンを設置します。


スタッフ:斉藤功一

10 6月

茅ヶ崎市 戸建 2階リビング 傾斜天井 シーリングファン 取り付け 工事 事例

皆さま

ついに梅雨に入りましたね。
夏の暑さ対策の準備はできていますでしょうか?

私、斉藤功一は暑がりなためできれば頭上でシーリングファンを下向きで回しながら仕事をしたいです。

エアコンの風はあまり得意ではないのです・・・
車でもエアコンをつけても少し窓を開けて、外の風を感じたくなってしまいます。


さて今回は茅ヶ崎市でのシーリングファンライトの取り付け工事の紹介です。
天井がフローリングのようになっているオシャレなご自宅です。


・天井傾斜:約14度
・床から取り付け位置までの高さ:約3500mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2983mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形引掛シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:517mm
・延長パイプ(延長ロッド):300mm
・ファンの重さ:4.6kg

近郊での工事のご依頼をよくいただきます。
ありがとうございます!


IMG_7432

天井の色のちょうど良いアクセントになっていました!
そして近くにスポットライトなどを取り付けできる、ライティングダクトレールが付いております。


IMG_7437

シーリングファンと同じ色合いのスポットライトなどを付けると良い雰囲気になるのではないでしょうか。羽根より下の位置にくるのでチラツキも問題なさそうです。当店ではHP上には掲載しておりませんが、ご自宅に合うスポットライトやダウンライトも紹介させていただきます。


IMG_7433

天井高約3.5mに30cmパイプのシーリングファンを付けておりますが、こちらは大風量タイプのため真下で風を十分に感じることができます。


IMG_7438

圧迫感もなるべく少なく、風をたっぷり感じられたい場合は大風量タイプでパイプの短い商品がオススメです。
ただ傾斜がある場合は注意が必要ですので、当店まで是非ご相談ください!



スタッフ:斉藤功一
2 6月

新橋駅前ビル1号館 B1Fの蟹喰楽舞 別館でシーリングファンの取り付けを行いました。

こんにちは

最近は暑いですねー!

まだエアコンは着けずに頑張っていますが、そろそろオフィスのシーリングファンだけでは限界になりつつあります。

etc_170602_0066

こちらが当店オフィスで使用しているファンです。

6年くらい前の海外製のもので今は販売していないですが、似ているデザインのものは手配可能です。

大きさが直径150cmくらいあるので、かなり風量は大きく効果的です。

今流行りのインダストリアルでおしゃれです。



さて、横道にそれてしまいましたが、本日は新橋駅前ビル1号館 B1Fの蟹喰楽舞 別館でシーリングファンの取り付けを行ってきましたので、そちらの紹介です。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:約2350mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2079mm
・部屋の広さ:キッチン入れて約16畳
・取り付けフロア:地下1階
・ローゼットの形:角型シーリング
・ファンの幅:1050mm
・ファンの全高:271mm
・延長パイプ(延長ロッド):なし
・ファンの重さ:8.0kg

最近は企業や店舗様からの依頼もだんだん多くなってきまして、知名度が少しあがったのかな?と嬉しく思っています。


IMG_7353

今回は配線をずらしてのシーリングファンの設置です。

最初の位置だと、羽根が壁と近すぎて効果があまり望めませんでした。


IMG_7349

お店全体を見まわせる写真
下地チェッカーがぶら下がっている位置に配線を移動する予定です。


IMG_7354

手前の点検口から入って、配線をずらしました。

右側の角型シーリングには配線が通っていません。
天井の壁紙の問題でそのままにしてあります。

こういったビルなどの建物の場合は大体点検口から中に入れて簡単に配線の引き回しができるようになっています。


IMG_7356

かなりお店の真ん中付近にずらすことができました。

もちろん、新規配線を通した位置にはしっかりと下地補強しています。
これでシーリングファンの設置も安心して行えます。


IMG_7358

シーリングファン設置完了です。

この商品は最薄の商品なので、低い天井でもあまり圧迫感を感じません。

デザインおしゃれでしっかり存在感もあります。


IMG_7361

照明をつけたところです。
電球色で調光ができるタイプです。


IMG_7364

電球の色合いも他と合っていてかなりいい感じです。

地下の風通しの悪いところに、ゆったりとした優しい風が吹き込みます。


IMG_7351

Before (設置前のお店の外から)


IMG_7369

After (設置後のお店の外から)

人は動くものに反応するので、これでお客さんの入りも良くなってくれると嬉しいです。

お店のご主人様もそれを狙って今回シーリングファンの導入を決定したということです。

外から結構目立つお店になりました!


このように当店では店舗・企業様向けにもシーリングファンの導入を行っております。

夏の冷房効率もあがり弊社の実績データではなんと20%くらい節電になった事例もあります。

シーリングファン導入のご興味のある方は是非一度ご相談くださいませ。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣





19 5月

藤沢市 戸建 2階リビング 傾斜天井 シーリングファン 取り付け 工事 事例

こんにちは

斉藤功一です。

今週私の工事はなかったので、仕事では痩せる機会がありませんでした。。

残念です。

自分で走りこめ!っという話ですが、、、すみません(笑)


ただ会社の皆でボーリングに行き、自己最多記録の「146」というスコアを出し、今週は気持ちよくスタートを切りました!


さて今回は藤沢市でのシーリングファンライトの取り付け工事の紹介です。

傾斜天井で床から取り付け位置までの高さが3mとパイプの長さ選びが難しい高さです。


・天井傾斜:約21度
・床から取り付け位置までの高さ:約3000mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2343mm
・部屋の広さ:LDで約8帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形引掛シーリング
・ファンの幅:915mm
・ファンの全高:757mm パイプ加工後657mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm パイプ加工後500mm
・ファンの重さ:4.7kg



IMG_7184

こちらの商品はよくアパレルショップなどでも見かけるシンプルで人気の商品です。

元々は60cmのパイプで注文を頂いていたのですが、設置前にシミュレーションをさせていただいたところ50cmのほうがしっくりくるということでしたので、パイプを10cmカットし、施工させていただきました。


IMG_7188

壁に付いているスポットライトの明かりがシーリングファンを際立ててくれます。

羽根は915mmと小さめなタイプではありますが、真下では風が体感できます。


IMG_7189

こちらのお部屋に今度ワンちゃんが来るそうで、小屋をシーリングファンと同じ材質と色にするという拘りのあるお客様でした。


夏に床でべったり寝てもワンちゃんも心地よく過ごせるのではないでしょうか。

来週は海外ファンの取り付け工事が待っています。


スタッフ:斉藤功一
12 5月

茅ヶ崎市 戸建 2階リビング傾斜天井 シーリングファンライト 取り付け工事 事例

みなさま

斉藤功一です。

今日はとても天気が良く、日が当たるところは暑く感じますね。

工事で天井の高いところに行くと、床面との温度差を改めて痛感します・・・

今回は茅ヶ崎市でのシーリングファンライトの取り付け工事の紹介です。

天井の高さが5mほどのありましたので、ローリングタワーを使用しての工事となります。


・天井傾斜:約21度
・床から取り付け位置までの高さ:約4600mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3750mm
・部屋の広さ:LDで約18帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形引掛シーリング
・ファンの幅:1132mm
・ファンの全高:850mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:7.1kg



IMG_7168


今回は私が工事をしてまいりました。

脚立で工事ができるかもしれないということで伺ったのですが、当日測りましたら4.6mありまして、急きょローリングタワーという組み立て足場を立てて工事しました。

弊社では小さなカスタムした軽トラックに、どんな高さでも対応できるように常時今回つかった組立足場(通称:ローリングタワー)や3種類の脚立を搭載しております。

これで6.5mくらいまでの天井高であれば対応可能です!


この日は晴れており、やはり天井部はかなり暑かったです。

シーリングファンによって、攪拌できると嬉しいです。


IMG_7167


ローリングタワーの真下はこのようになっています。
4点でしっかりと支えるので、作業中も結構安定します。

赤ちゃんが寝ていたので、音の静かな電動ドライバーでの施工を行いました。

ちょっとこれは組立中でごちゃごちゃしているのですみません。。


IMG_7180


設置完了です。


さすが大風量タイプです!!
風はやはり十分に体感できます。

機械的な音はしないので、気持ち良い風が自然に入ってきたような感覚に近いです。


GW空け翌日から本日まで毎日工事が入っております。

皆様、本当にありがとうございました。


余談ですが、腰に巻いているベルト。
実はパツパツです。

今月中にはこのベルトがパツパツではない状態にする!

という目標を立ててみました。
頑張ります!

でも帰りに炭酸飲料を。。。

まだ来週も時間帯により工事が可能な日もございますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。


シーリングファン専門店fazoo
スタッフ:斉藤功一


2 5月

神奈川県鎌倉市の戸建2階リビング シーリングファンライト 取り付け工事

みなさま

こんにちは!

本日は店長小俣に代わりまして私、斉藤功一がブログを書かせていただきます。
当店には斉藤が3人いるので、フルネームです。


明日からGWの方が多いかと思いますが、当店も明日5月3日から7日までお休みをいただきます。

メールやLINEなどの問い合わせは承っておりますので、シーリングファンのことで知りたいことがございましたら、是非お問い合わせくださいませ。


さて今回は鎌倉市でのシーリングファンライトの取り付け工事の紹介です。

1つ前の小俣のブログでケーキの写真をアップいたしましたが・・・
そのケーキのモデルとなったシーリングファンライトの設置です。



・天井傾斜:無し
・床から取り付け位置までの高さ:約3900mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3000mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング ロフトあり
・ローゼットの形:角型引掛シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:900mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:7.4kg


IMG_7084


真下では風が体感でき、快適な空間になったかと思います。



お客様のご自宅には、元々角形シーリングが2個近距離に付いておりましたが今回は1箇所しか使わず、もう一つはむき出しになってしまう状況でした。


2017y05m02d_165847053




真っ白の天井に角形シーリングむき出しはちょっと気になりますよね。


そこでたまたま持っていた白い丸形引掛けシーリングに交換をし、あまり目立たなくなりました。


IMG_7087


お客様も大変満足していただけたようで良かったです。


シーリングファンの真下にはソファーが置いてありましたが、これからソファーで寝てしまう確率が増えるのではないか思います。


夏に向けて工事も増えていきますが、なるべくお客様のご要望にお応えできるように工事の調整をいたしますので、お部屋を快適にされたい方はシーリングファン専門店fazooへご相談を頂ければと思います。


スタッフ:斉藤功一

25 8月

川崎市宮前区の2階リビング吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんにちは

すでに8月も終わりに近づいてきました。


皆さま、この夏はどのような夏になりましたでしょうか。

私は、ことごとく企画したBBQが雨になるという悲しい夏になりました。

翌日は晴天、みたいな。。


やはり雨男はいつになっても変われないらしいです。


気を取り直して本題です。

今回は川崎市宮前区の2階リビング 吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事のご紹介です。

以下、詳細


・天井傾斜:あり 取り付け位置は無し
・床から取り付け位置までの高さ:4160mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3231mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:露出ローゼット
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:929mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:9.4kg
 

IMG_2275

本体は白、羽根はナチュラルとダークブラウンのリバーシブルです。

今回はナチュラル色の方を選択し取り付けております。


IMG_2274

冬はエアコンの暖かい空気がこの天井に溜まってしまうので、かなり役立つと思います!

こちらの商品は、風量はある程度ありしっかりと下で風を感じることが可能です。


IMG_2277

5灯になり、1灯あたり60W相当の明るさがあるので十分な明るさです。

調光はできないですが、点灯切り替えが5灯→3灯→2灯→消灯と可能です。


IMG_2272

こちらが点灯した時の写真です。


お客様にも大満足頂きました。

ありがとうございます。


夏ももう少しで終わりますが、秋はシーリングファンが一番気持ちいい季節です。

取り付けてみようかな? でも何から選べばいいかまったくわからない

というお客様も是非一度、当店にご相談ください!


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
5 7月

船橋市本郷町の2階~3階の5mの吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんばんわ

店長の小俣です。

最近はこの猛暑でこちらのブログも結構見て頂いているようです。
がんばって更新をしないとです。


藤沢に引っ越してからいろいろなことが新しく進んでおりまして、
そのうちの1つが新しいスタッフが増えたことです。

ニューフェイスが入るという事は、いい意味で会社の雰囲気が変わりいいですね。

早く仕事を覚えて、毎日楽しく働いてほしいと思っています。

さて、本題に入らせて頂きます。


今回の工事詳細です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:5250mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4433mm
・部屋の広さ:LDで約16帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:817mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:4.9kg


IMG_2278
 
吹き抜けの始まりのところにレールについたスポットライトがあったので、
今回は照明なしでの設置です。


IMG_2280

開口的には、両側の窓を全開に開けてもファンの羽根と接触しない大きさだったので、この風量の大きなシーリングファンを設置することができました。

直径は120cmございます。

6枚羽根でグッドデザイン賞受賞のシーリングファンです。


IMG_2281

3階の踊り場からです。

90cmの延長パイプで設置すると、手を伸ばすと少し近づきすぎてしまいます。

ということで今回は60cmのパイプを選択しました。


IMG_2283

グレーの本体が吹き抜けをシックに彩ってくれています。

5mの吹き抜けに60cmパイプで設置しても、しっかり下まで風は届いておりました。


冬場になると、大分暖房効果が変わってくると思います。

このような吹き抜けの場合は、上向きの回転だと3階の踊り場に空気が行ってしまって2階が温まらないので、冬場も下向きの回転で、エアカーテンのような役割で使っていただくのが良いかと思います。


当店はこのように2階の吹き抜けなどでも、組み立て足場を使用してシーリングファン取り付け工事を行うことが可能です。

在庫があるものであれば、2種類延長パイプをお持ちして当日お選びいただくという事も可能です。


お陰様で、この春で工事実績も1,000件を突破しました。


シーリングファンの導入をお考えであれば是非一度、当店にご相談ください。

他店ではアドバイスできない商品選びのポイントなど丁寧に説明させて頂きます。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
6 4月

シーリングファン取り付け工事の様子を動画でご紹介

こんにちは

店長の小俣です。

4月になりましたね。そろそろ東京の桜は散りそうですが、今年もお花見に行けていません。

狛江市や世田谷区にはたくさんの桜があるので、毎日通勤時に見たりしてちょっとしたお花見を楽しんでいます。

でもやはりゆっくりと日本酒を飲みながら昼間からお花見をしたいですねー。
来年こそは!


本日はいつもと少し変えて、シーリングファン工事の様子をタイムラプス動画に編集しましたのでご紹介したいと思います。

工事士は弊社 株式会社アイ・ヴィレッジの取締役でもある佐久間です。
ちなみに動画編集も佐久間です。


それではご覧ください。

ちょっと早すぎるかもしれませんが、当店のシーリングファン取り付け工事の様子がわかるかと思います。





天井高は2400mmで通常の高さです。

取り付けた商品は風量が大きい、パナソニック製のシーリングファンライトです。

http://www.fazoo.biz/SHOP/PDB052.html

こちらは拡散タイプのLED電球が4灯ついております。


工事終了後の写真は下記になります。

IMG_0740

IMG_0741

IMG_0748


これからもシーリングファンのことをたくさん発信していきますので、よろしくお願いします。

シーリングファン専門店fazoo 店長小俣

 
10 2月

千葉県市川市にて吹き抜け5mの高所天井シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんにちは いやー今日も寒いです。

社員旅行から1か月が経とうとしておりまして、次は社員でバーベキュー大会でも開きたいなーと考えている今日この頃です。


2月も毎日たくさんのご注文やいろいろな問い合わせを頂いております。

これから3月にかけてが一番忙しいシーズンになりますので、工事をお考えの方はお早めにご予約くださいませ。


今日は千葉県市川市で行った、組立足場工事(通称:ローリングタワー)工事の様子をご紹介します。

通常4mを超える天井高ですと、8尺(2.4mくらい)の脚立の搬入は難しいので組立足場の工事となります。

天井の形状によっては4.3mくらいまではぎりぎりで脚立の工事が可能なのですが、それ以上の場合は全てこのローリングタワーの工事になります。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:4950mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3800mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg


当店が持っているローリングタワーは、室内用のコンパクト型のものです。

あまりローリングタワーを自前で持っている電気工事店はいないのですが、当店はシーリングファンという高所に付けることが多い商品を扱っておりますので、それに特化した組立足場の用意があります。


DSC00498

こちらが室内にローリングタワーを建てた様子です。

横幅が65cmで奥行が130cmくらいなので室内でも楽々立てることが可能です。


DSC00499

ちょっと引いた写真です。

実際には今見えてる天板の上に乗って作業します。


DSC00500
 
こちらが完成形です。

手すりも全方向についていますので、安全です。


DSC00501

ここからだと楽々取り付け位置にも届きますし、力も入れられます。


DSC00503

下を覗いた写真です。

こう見ると結構高いですね。でも揺れもあまりなく安全に作業できます。

下に斜めの支えが見えると思いますが、こちらの支えを合わせても2m×2.5mのスペースしか必要ないです。


DSC00504

実際に作業をやっているところです。

90cmの延長パイプを取り付けると結構したまで下がってきますので、床板に座っての作業になります。


DSC00507


取り付け完了です。

実際にこちらのお宅は吹き抜けのサイズが3m×2mくらいだったと思います。

このくらいのサイズがあれば、110cmくらいの直径のシーリングファンを付けてもバランス的にもいいですね。


DSC00515

ちょっと写真の色合いを変えて。


DSC00519

2階から見た写真です。


このように当店では吹き抜けの高所天井でも6.5mくらいまでの高さであれば工事可能です。


シーリングファンだけではなく、高所天井や吹き抜けの照明工事にお困りであれば、いつでもご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 小俣 
ギャラリー
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


fazoo姉妹店ペンダントライト照明店オープンキャンペーン中
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード