ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長ブログです。
シーリングファンのさまざまな事を綴っていきます。 時には個人的な日記なども。

吹き抜け

14 7月

狭山モータースクール(教習所)様 吹き抜けシーリグファン取り付け

こんにちは

最近は暑い日が続きますねー
当店のオフィスもエアコンとシーリングファンがフル稼働です。


やはりシーリングファンの風があるとエアコンの設定温度を高くしても快適です。
みなさまもどうでしょうか?(営業)


本日は一般のお客様の住宅ではなく、埼玉県狭山市にある狭山モータースクール(教習所です。)というドライビングスクールのエントランス上、吹き抜けにシーリングファンを設置して来ましたのでそちらのご報告です。

IMG_7980

工事は営業時間外の夜間工事で弊社取締役の佐久間が対応しました。
いつもお疲れ様です!


IMG_7943

IMG_7944

エントランス上を見上げたところ(取り付け前)


IMG_7957

IMG_7958

IMG_7960

エントランス上を見上げたところ(取り付け後)

いやーわれながらかなりかっこ良くなりました!(笑)


今回の吹き抜けは7m~8mほどあり、4段のローリングタワーを組み立てて工事を行いました。
夜9時から初めて、朝の5時まで8時間くらいの工事になりました。

IMG_7951


天井に新規配線を引き回し、2階部分にコントローラーを取り付けています。
こちらのコントローラーで6段階調整が可能です。

7m~8mであれば、風速4でも結構風が循環します。

IMG_7969

IMG_7968


ご担当者の方も非常に満足頂いていて本当に良かったです。

IMG_7971

設置後、メールにてご感想を頂きました。

この度は夜間工事で対応いただき、ありがとうございました。シーリングファンは営業時間中常時稼働しており、社員からとても快適な風が来ると好評を得ています。風量も6段階中の4段階で動かしており、もう少し気温が上がった場合により強くできる余裕があり、安心です。」

このようなメールは本当にこの仕事をやっていてよかったなーとジワッときます。
ありがとうございます。


今回設置したファンはパナソニック製大風量シーリングファンで、主に業務用で使う直径1400mmもあるものです。

延長パイプは900mmのものを使用して、天井の段差に合わせて少し当日に加工しております。
フェイスが合うとかっこいいですからね。


設置前と設置後の電気代のデータをモニタリングいただけるようお願いもできましたので、効果測定が楽しみです。
データが取れましたら、気まぐれで公開させて頂きます!

このように当店ではこのような業務用施設、オフィス、公共施設、体育館などへもシーリングファンの設置を行っております。このような施設の場合は、下見を行い台数のご提案から行わせて頂くこともございます。

高い吹き抜けをお持ちで、エアコンの効率や省エネにご興味がある方は是非
一度ご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣




25 8月

川崎市宮前区の2階リビング吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんにちは

すでに8月も終わりに近づいてきました。


皆さま、この夏はどのような夏になりましたでしょうか。

私は、ことごとく企画したBBQが雨になるという悲しい夏になりました。

翌日は晴天、みたいな。。


やはり雨男はいつになっても変われないらしいです。


気を取り直して本題です。

今回は川崎市宮前区の2階リビング 吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事のご紹介です。

以下、詳細


・天井傾斜:あり 取り付け位置は無し
・床から取り付け位置までの高さ:4160mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3231mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:露出ローゼット
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:929mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:9.4kg
 

IMG_2275

本体は白、羽根はナチュラルとダークブラウンのリバーシブルです。

今回はナチュラル色の方を選択し取り付けております。


IMG_2274

冬はエアコンの暖かい空気がこの天井に溜まってしまうので、かなり役立つと思います!

こちらの商品は、風量はある程度ありしっかりと下で風を感じることが可能です。


IMG_2277

5灯になり、1灯あたり60W相当の明るさがあるので十分な明るさです。

調光はできないですが、点灯切り替えが5灯→3灯→2灯→消灯と可能です。


IMG_2272

こちらが点灯した時の写真です。


お客様にも大満足頂きました。

ありがとうございます。


夏ももう少しで終わりますが、秋はシーリングファンが一番気持ちいい季節です。

取り付けてみようかな? でも何から選べばいいかまったくわからない

というお客様も是非一度、当店にご相談ください!


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
5 7月

船橋市本郷町の2階~3階の5mの吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんばんわ

店長の小俣です。

最近はこの猛暑でこちらのブログも結構見て頂いているようです。
がんばって更新をしないとです。


藤沢に引っ越してからいろいろなことが新しく進んでおりまして、
そのうちの1つが新しいスタッフが増えたことです。

ニューフェイスが入るという事は、いい意味で会社の雰囲気が変わりいいですね。

早く仕事を覚えて、毎日楽しく働いてほしいと思っています。

さて、本題に入らせて頂きます。


今回の工事詳細です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:5250mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4433mm
・部屋の広さ:LDで約16帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:817mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:4.9kg


IMG_2278
 
吹き抜けの始まりのところにレールについたスポットライトがあったので、
今回は照明なしでの設置です。


IMG_2280

開口的には、両側の窓を全開に開けてもファンの羽根と接触しない大きさだったので、この風量の大きなシーリングファンを設置することができました。

直径は120cmございます。

6枚羽根でグッドデザイン賞受賞のシーリングファンです。


IMG_2281

3階の踊り場からです。

90cmの延長パイプで設置すると、手を伸ばすと少し近づきすぎてしまいます。

ということで今回は60cmのパイプを選択しました。


IMG_2283

グレーの本体が吹き抜けをシックに彩ってくれています。

5mの吹き抜けに60cmパイプで設置しても、しっかり下まで風は届いておりました。


冬場になると、大分暖房効果が変わってくると思います。

このような吹き抜けの場合は、上向きの回転だと3階の踊り場に空気が行ってしまって2階が温まらないので、冬場も下向きの回転で、エアカーテンのような役割で使っていただくのが良いかと思います。


当店はこのように2階の吹き抜けなどでも、組み立て足場を使用してシーリングファン取り付け工事を行うことが可能です。

在庫があるものであれば、2種類延長パイプをお持ちして当日お選びいただくという事も可能です。


お陰様で、この春で工事実績も1,000件を突破しました。


シーリングファンの導入をお考えであれば是非一度、当店にご相談ください。

他店ではアドバイスできない商品選びのポイントなど丁寧に説明させて頂きます。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
15 3月

海外製シーリングファン Minka Aire Wave F843-DKのモーター音軽減 調整工事

みなさま

こんにちは、店長は今日も元気です。

今日は表題の通り、 海外製シーリングファン(Minka Aire Wave F843-DK)のモーター音を軽減する調整工事をしてきましたので、そちらのご紹介です。

通常は日本製でも海外製のシーリングファンでもそんなにモーター音が気になる事はないのですが、時々家の構造上どうしてもモーター音が反響してしまい大きな音になってしまうことがあります。


今回は一度住宅メーカー様側で海外のシーリングファンを取り付けたのですが、モーター音が大きすぎるからどうにかならないかと相談があり伺いました。


天井高は1階~2階の吹き抜けで5mくらいです。


早速ローリングタワー足場を立てて工事開始です。


IMG_0318

IMG_0322


IMG_0331

設置されていたシーリングファンはMinka Aire F843-DK Wave KOA色でダウンロッドのサイズは70cmくらいです。

この長さでも十分な風を1階の遅れますので、ダウンロッドの長さの指標にして頂ければと思います。


IMG_0324

音の原因ですが、恐らく全館空調システムだと思います。

全館空調がついている家は、天井裏に風を送るパイプを通すためどうしても空間があいています。

恐らくそれが原因で音が響いてしまっている感じでした。


動画を撮りましたので下記をご覧ください。



如何でしょうか。
この籠った、ボーっという音聞こえますでしょうか。

リアルな音を聞くととても生活ができる音ではなかったです。

お客様もシーリングファンの故障かと思い、シーリングファンを購入したお店に相談したということでした。


これを調整して音を軽減していきます。

調整方法としては、特殊なスポンジをシーリングファンと天井の間にうまく挟み込むという作業です。

このスポンジは、柔らかすぎても硬すぎても効果がないので選ぶのが難しいです。


調整後が下記の動画です。



如何でしょうか。

ボーっという音がかなり小さくなっているのがお分かりになると思います。

かなり静かな場所で聞かないと分からないかもしれません。

私はイヤホンやヘッドホンで聞いて確認しました。



かなり改善され施主様も大満足でした。

最後にすべて元通りに組み立てて完了です。

 

このレベルであれば、十分生活の中で使っても問題ないと思います。


IMG_0320

ちなみにお伺いしたお宅はすごくオシャレなお宅でした。

ダイニングテーブル上にはペンダントライトがあり、その横からリビングの吹き抜けへとつながります。

お客様のセンスが良いなーと感じました。


最後にお写真を撮らせて頂いたのでご紹介します。

IMG_0335

IMG_0337

やはり海外製のシーリングファンはデザインが素晴らしいです。


いつかMinka Aireと総代理店契約を結んでこの素晴らしいシーリングファンを日本にも正規で輸入できたらと思っています。


こちらと同じシーリングファンはホームページには掲載しておりませんが、当店でも扱っておりますので気になる方はご連絡ください。

その他の海外(輸入)シーリングファンの取り寄せも可能です。

お値段や納期などご案内させて頂きます。


このように当店では日本で唯一のシーリングファン専門店として、ナレッジを蓄積しどのような問題にも解決できるように日々進化しております。

シーリングファンでお困りのことがございましたら、当店まで是非お電話くださいませ。
シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



 
10 2月

千葉県市川市にて吹き抜け5mの高所天井シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんにちは いやー今日も寒いです。

社員旅行から1か月が経とうとしておりまして、次は社員でバーベキュー大会でも開きたいなーと考えている今日この頃です。


2月も毎日たくさんのご注文やいろいろな問い合わせを頂いております。

これから3月にかけてが一番忙しいシーズンになりますので、工事をお考えの方はお早めにご予約くださいませ。


今日は千葉県市川市で行った、組立足場工事(通称:ローリングタワー)工事の様子をご紹介します。

通常4mを超える天井高ですと、8尺(2.4mくらい)の脚立の搬入は難しいので組立足場の工事となります。

天井の形状によっては4.3mくらいまではぎりぎりで脚立の工事が可能なのですが、それ以上の場合は全てこのローリングタワーの工事になります。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:4950mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3800mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg


当店が持っているローリングタワーは、室内用のコンパクト型のものです。

あまりローリングタワーを自前で持っている電気工事店はいないのですが、当店はシーリングファンという高所に付けることが多い商品を扱っておりますので、それに特化した組立足場の用意があります。


DSC00498

こちらが室内にローリングタワーを建てた様子です。

横幅が65cmで奥行が130cmくらいなので室内でも楽々立てることが可能です。


DSC00499

ちょっと引いた写真です。

実際には今見えてる天板の上に乗って作業します。


DSC00500
 
こちらが完成形です。

手すりも全方向についていますので、安全です。


DSC00501

ここからだと楽々取り付け位置にも届きますし、力も入れられます。


DSC00503

下を覗いた写真です。

こう見ると結構高いですね。でも揺れもあまりなく安全に作業できます。

下に斜めの支えが見えると思いますが、こちらの支えを合わせても2m×2.5mのスペースしか必要ないです。


DSC00504

実際に作業をやっているところです。

90cmの延長パイプを取り付けると結構したまで下がってきますので、床板に座っての作業になります。


DSC00507


取り付け完了です。

実際にこちらのお宅は吹き抜けのサイズが3m×2mくらいだったと思います。

このくらいのサイズがあれば、110cmくらいの直径のシーリングファンを付けてもバランス的にもいいですね。


DSC00515

ちょっと写真の色合いを変えて。


DSC00519

2階から見た写真です。


このように当店では吹き抜けの高所天井でも6.5mくらいまでの高さであれば工事可能です。


シーリングファンだけではなく、高所天井や吹き抜けの照明工事にお困りであれば、いつでもご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 小俣 
17 12月

海外 輸入 ハワイ 南国風 シーリングファン Fanimation製 THE ISLANDERの取り付け工事

みなさん、こんばんわ!

いやーお陰様で本当に年末は忙しく、ブログの更新が滞りがちです。


昨日は体調が悪く、そろそろやばいかな?と思いましたが、打ち合わせの後お酒を飲んだらすっかり良くなりました!

アルコール消毒ってやつですかね。素晴らしい。


今は少しのどが痛いだけなので、このまま順調に回復に向かってくれればありがたいです。

年末ぎりぎりまで盛りだくさんの工事予定なので、体調を壊すわけにはいかないです!はい


そんなことより、2回連続になりますが今回は海外の素敵なファンを取り付けてきましたので、そのご紹介です。

名前は、 Fanimation製 THE ISLANDER です。

うちと取引のあるパシフィックシーリングファンさんで扱っています。

もし、ご興味あるかたはお問い合わせくださいませ。


メーカーのHPは下記になりまして、

http://www.fanimation.com/products/islander/

恐らく商品は下記のリモコン付になると思います。
お客様持ち込み工事だったので、100%正解ではないかもしれません。

http://www.fanimation.com/products/enlarge.html?family_id=1&group_id=459



取り付け場所は、1階~2階の吹き抜けのリビング天井で5.3mになります。

いつも通り、ローリングタワーという組立足場での工事です。

今日は写真を多めに紹介していきます。

IMG_8944

こちらが配線です。
ここにファンを取り付けます。


IMG_8946

ローリングタワーという組立足場を2段組んでいます。
下にあるソファーは少し移動させて頂きました。


IMG_8950

箱を開けて組立です。
海外製のシーリングファンは日本のものに比べて部品が多く複雑です。


IMG_8951

こちらが今日取り付ける羽根です。
本物の植物で作られているようです。


IMG_8952

味わいがあります。


IMG_8953

これが金具で羽根を挟み込んだ後です。
羽根は破れやすいので取扱い注意ですが、予備の羽根が一枚同梱されておりました。


IMG_8956

シーリングファンのベースを天井に施工していきます。

今回のファンはそこまで重くないのですが、特に10kgを超えるシーリングファンの場合は、しっかりとベース金具を固定することが必要です。


IMG_8958

羽根を取り付けていきます。


IMG_8959

羽根がすべて取り付け終わりました。
なんとも言えない絶妙なバランスです。


IMG_8960

少し上から見た写真です。


IMG_8963

取り付け完了です。
作業時間としては、2時間程度でしょうか。

通常の日本のシーリングファンが大体1時30分程度で終わるので、30分くらい多くかかっています。


IMG_8964

吹き抜けの横にお部屋があり、そこからの写真です。
ダウンロッドの長さは今回90cmくらいだったと思います。


IMG_8969

上からの写真


IMG_8975

下から


IMG_8977

もっと下から
羽根のバランスがいいですね。
風量も結構あり、しっかりと5mの吹き抜けの空気を循環していました。


IMG_8978

最後に横からの写真です。


お客様のリビングの家具は全てハワイを意識したものになっており、このシーリングファンを選んだ理由がすごく良く分かりました。

私もあこがれてしまうくらい、素敵なお家になりました。

きっと友達などを呼んだ時にも、みんなの憧れの部屋になること間違いなし!



このように当店は海外製の輸入シーリングファンの取り付け工事も承っております。

今までの経験と知識を生かして、しっかりと確実で安心できる工事を心がけております。


何かシーリングファンでお困りの事がございましたら、お気軽にお電話くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



 
23 10月

さいたま市中央区にてシーリングファンライトとペンダントライトの取り付け工事をしてきました。

こんばんわ。

今日は花の金曜日です。

私もこの後の税理士さんとの打ち合わせが終われば飲みに行きたいと思っています!

社長という立場ながら、未来の会社の強みのためにフィリピン セブに3か月語学留学にいっていたのですが、英語にも花の金曜日と同じような言葉がありました。

TGIF(Thank God, It's Friday)

みんな、チャットなどで使うようです。


また時間があったら、こちらのブログもシーリングファンのことだけではなく、そのような会社の中のこと、未来のこと、自分の考え方なども綴っていきたいと思っています。

まーいつになるかはわからないですが、、


さて、本日はシーリングファンライトとペンダントライトを一緒に取り付け工事に行ってきましたのでご報告します。

1年くらい前から、下記の姉妹店であるペンダントライト専門店を作っているのですが最近ちょこちょここのようなセットでお願いしたいというご要望を頂きます。

本当にありがたいことです。


・天井傾斜:約25度
・床から取り付け位置までの高さ:約4000mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:約3800mm
・部屋の広さ:LD12帖くらい
・取り付けフロア:マンション最上階の吹き抜け
・ローゼットの形:引掛埋込ローゼット
・取り付け商品:ペンダントライトはページ下記で掲載
・ファンの幅:1132mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg

IMG_8230
 
マンションの最上階のリビングダイニングに設置です。

電球の色合いは電球色で、なかなか落ち着ける空間ができあがりました。


IMG_8234

ちょうどペンダントライトの下にはテレビがありました。

写真は少し暗いですが、本当はまったく問題ない明るさです。


IMG_8240

こちらが下から見上げた写真


IMG_8241

ロフトのようなお部屋がありましたので、そこからの写真です。

パイプは90cmを使っていますが、4m以上の天井高があればまったく問題ありません。


IMG_8244
 
ペンダントライトの付け根はこのようにミツマタになっています。

こちらはセットの商品ではなく、ミツマタ、ペンダントライト中1つ、小2つという組み合わせで取り付けるのに少し加工が必要で、電気工事になります。


IMG_8245

こちらがロフトからのペンダントライトです。

吊るす間隔は等間隔になるようにして、一番上が中のペンダントライトで、下2つが小です。

調整するのは紐を引っ張るだけなので簡単です。

中の電球は中がE26のLEDで、小がE17のLED電球です。

電球が別売りなので、注意してください。


IMG_8247
 
こちらがペンダントライトのアップ


こちらは東芝の照明で、結構安価に導入できるものです。

高級なものになるとこの上の蓋のような部分も目立たなくもっときれいに光るようになります。

パナソニック製ペンダントライト
http://www.fazoo-pl.com/SHOP/PN00770E.html

■取り付けペンダントライト

東芝製ペンダントライト(小)
http://www.fazoo-pl.com/SHOP/TO00650E.html

東芝製ペンダントライト(中)
http://www.fazoo-pl.com/SHOP/TO00640E.html

ミツマタはお問合せください!

それでは皆様、花の金曜日を楽しみください。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣





 
20 4月

横浜市神奈川区でシーリングファンの取り付け工事をしてきました。

みなさま、お久しぶりです。

ちょうど1か月くらい更新が滞ってしまいました。
申し訳ございません。

3月から4月中旬まではお陰様で、たくさんのご注文や工事の依頼を頂き忙しくしておりました。

工事に行くと、ブログ見ました!などのお声をたくさん頂きますので、更新しなきゃしなきゃとは思うのですが、どうしてもそこまで手が回らず、月に1~2回の更新になってしまっております。

でもゆっくりですが、確実に更新していきますので今後とも宜しくお願いします。


今回は横浜市神奈川区でのシーリングファンライト取り付け工事の紹介です。

 
・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:3800mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3316mm
・部屋の広さ:リビング部分12畳程度
・取り付けフロア:2階のリビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:484mm
・延長パイプ(延長ロッド):15cm
・ファンの重さ:9.8kg
 

IMG_5967

こちらのお宅はダイニングから1.5mくらいの階段を下りてリビングがあるという、とてもおしゃれなつくりになっております。

通常、3.8mの天井高ですと60cmくらいの延長パイプで吊り下げるタイプをおすすめするのですが、ダイニングからの眺めの関係上、施主様のご意見であえて短いパイプで設置しました。

施主様の予想どおり景観を損なわずいい位置にシーリングファンを取り付けることができました。


IMG_5978

 
こちらがダイニングからリビングに下りてくる階段です。

その横には、かなり広い床下収納です。
これだけあれば、どんな荷物も綺麗に収納できそうです。

私も家を建てるときは、このアイディアを頂こくことにします。(笑)

IMG_5973

こちらがリビングからダイニングを見上げて撮った写真です。

ダイニングのペンダントライトもシーリングファンの羽根の色と合っていてとても素敵でした。


IMG_5972
 
照明をつけるとこんな感じです。

コイズミ照明の電球の色は電球色しか選択できないのですが、今回は当店から昼白色の電球を別途販売させて頂き、取り付けております。

IMG_5971
 
こちらがアップの写真

あかりをつけたときにシェードを綺麗に光らすには、全方向型のLEDをお選び頂けるといいと思います。

だんだんと多くなってきましたが、安いLEDはまだまだ先端しか光らないものが多くあります。


コイズミ照明のシーリングファンは、風量はそこそこありますしモーター音も静かなのでおすすめです。

ただし、取り付けに電気工事が必要な場合がありますのでご注意ください。


IMG_5965
 
最後に窓の方を向いた一枚です。

こちらのお宅は本当に窓からの眺めが良かったです。
窓をみたときゆったりと回るシーリングファンが一層雰囲気をアップしてくれると思います。

これから5月は少し暖かくなって、ゆったりとそよぐシーリングファンの風がとても気持ちいい季節になります。

少しでもシーリングファンが気になる方は、相談は無料なのでなんなりとお電話でお聞き頂ければと思います。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣 



 
22 9月

大田区中馬込で新規配線工事&シーリングファン取り付け工事をしてきました。

まー更新が追い付かないのは、ちょっと諦めています。。。

お写真を撮らせて頂いたお客様、申し訳ございません。


でも、おかげ様でfazooは今月もたくさんの工事依頼を頂き、元気に営業しております。

今回は、ちょっと珍しい新規配線工事&シーリングファン取り付け工事のご紹介です。

・天井傾斜:30度
・床から取り付け位置までの高さ:約3300mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:約2600mm
・部屋の広さ:15畳程度・取り付けフロア:2階リビング吹き抜け
・ローゼットの形:新規配線で角型シーリング取り付け
・取り付け商品:オーデリック製LEDシーリングファン
※上記を当店でパイプ加工(60cm→45cm)を行いました。
・ファンの幅:1132mm
・ファンの全高:700mm(パイプ加工後)
・延長パイプ(延長ロッド):45cm(60cm→45cmへ加工)
・ファンの重さ:約4.7kg

IMG_2445

上記の写真の赤丸の部分に新規で配線を天井裏から持ってきて、シーリングファンを設置します。

今回は最終的に、同じ2階のフロアにあるお風呂場の点検口からもぐり配線を行いました。

シーリングファンはその仕様上、スイッチを必ずつける必要があります。

スイッチは、構造上リビングには設置できなかったため、奥の子供部屋の近くに増設しました。

スイッチの種類も合わせたので、まったく違和感はございません。


壁にたくさんのシールがあり、もともと付いていた照明も、おしゃれなものばかりで印象的なお部屋です。


IMG_2458

こちらが設置後の写真です。

今回は天井高(設置位置)が床から3300mmだったので、延長パイプを60cmから45cmに加工を行いました。

このサイズだと、床からシーリングファンの一番下の位置までが2600mmになります。

加工しないと、2450mmなので少し圧迫感が出てしまう可能性があります。


ちなみに、こちらのお宅は天井の傾斜が30度なので、45cmへの加工がぎりぎりです。


これ以上、短くすると傾斜天井部分との間隔が狭くなりすぎてサーキュレーション効果に影響が出てきます。


IMG_2461


最後にもう一枚

反対側から


今まででも十分おしゃれなお部屋でしたが、シーリングファンを設置することで機能的にも快適なお部屋になりました。

今の時期は、弱~中の運転で下向きの風でゆったり回すのが気持ちいいと思います。


fazooは、このように新規配線+設置工事も随時受け付けております。

すべて対応できるわけではございませんが、相談は無料です!

シーリングファンの設置を考えているけど、電源が来ていないから設置できないとあきらめているお客様。

是非1度ご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
1 7月

神奈川県大和市でシーリングファンの取り付け工事をしてきました。

こんにちは。

お天気が安定しなく、洗濯物を気持ちよく干せない日々が続いていますね。

そんなときでも、シーリングファンの下に洗濯物を干すと乾くのが早くなります。

しかーも、生乾きの匂いがまったくしません。

理由は早く乾くからということだと思いますが、もしかしたら風があたることで菌の発生を防ぐという効果もあるのでしょうか。


このようなメリットもあり、梅雨のシーリングファンはおすすめです!


さて本題ですが、久々の取り付け工事のご紹介です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:約5m
・ファン本体最下部から床までの高さ:約450cm
・部屋の広さ:10畳程度(吹き抜け4.5畳程度)
・取り付けフロア:1階から2階のフル吹き抜け
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1045mm
・ファンの全高:536mm
・延長パイプ(延長ロッド):300mm
・ファンの重さ:約4.8kg

IMG_7834

久しぶりのラタン柄での設置です。

今回はお客様支給のシーリングファンを取り付けさせて頂きました。

本来5mの天井高であれば、60cm~90cmくらいの延長パイプで設置するのがベストなのです。

ただ、こちらの高さでのお客様は非常に満足してくれていたので良かったです。

IMG_7829

上からの写真です。

この商品はリバーシブルになっており、表がラタン柄で裏は木目調です。

お好みに合わせてネジ3つで交換が可能です。


IMG_7825

斜めからのアップ


IMG_7833


引きの写真です。

やはり少し天井側に寄りすぎているような気がします。


1階~2階や2階~3階などの2フロア分あるフル吹き抜けへ取り付ける場合は、最低でも60cm以上の延長パイプをお選び頂くと快適ですので、覚えておいてください。

それでは、まだまだ仕事が残っておりますのでこの辺で。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
ギャラリー
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
  • 稲城市 戸建 1階リビング シーリングファン ペンダントライト ライティング・ダクトレール取り付け 工事事例
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


fazoo姉妹店ペンダントライト照明店オープンキャンペーン中
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード