こんにちは!斉藤功一です。


本日店長の小俣がブログにも書いていた小さな巨人ですが、とても面白かったです。
久しぶりに最後まで見続けたドラマでした。


「敵は味方のふりをする」

「200パーセントの証拠を持ってこい」

よくドラマの中で出ていた言葉ですごく印象にのこっています。


シーリングファンにも小さな巨人のようなタイプがありますので、是非知ってもらいたいと思います。

こちらは東京都大田区での取り付け工事での紹介となります。


・天井傾斜:無し
・床から取り付け位置までの高さ:約3500mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:2952mm
・部屋の広さ:LDで約10帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形引掛シーリング
・ファンの幅:700mm
・ファンの全高:548mm
・延長パイプ(延長ロッド):300mm
・ファンの重さ:5.3kg


IMG_7759

当店で一番小さいシーリングファンになります!
※キッチン用シーリングファンを除く


IMG_7755

梁に付いている配線器具(丸形引掛シーリング)の間隔が約1200mmなのですがこちらのシーリングファンは、半径が350mmのため羽根は当たることもなく、部屋全体の空気をかき回してくれます。


IMG_7754


見ての通りかなり小型ですが、風量は結構あるんです。

真下では風が体感できます。

圧迫感も少なく、部屋に馴染み安いタイプかと思います。
当店の大風量タイプなどと比べると40%ほど風量は落ちますが、直径700mmという小型なボディにしては風量があります。

こちらは小さな吹き抜けや、配線器具の近くにすぐ壁があるような設置環境に向いております。

もし空間が小さく設置ができないかも?とお考えの方はこちらのシーリングファンをご覧になってみてください。

そして「200%納得がいくまで」ご質問を下さい!



スタッフ:斉藤功一