皆さま、こんにちは

今日は傾斜天井の角度をiPhone標準アプリで測定する方法についてお伝えしたいと思います。

昔は分度器を使ってアナログに計測するしか方法がなかったのですが、今はスマートフォンのアプリ簡単に測れてしまいます。

ただ傾斜天井がに手が届かない場所の場合は、少しアバウトになってしまうかもしれませんが、アプリを使えばだいたいの角度はわかるかと思います。

AndroidとiPhoneで角度を測るオススメのアプリを紹介いたしますので、これから傾斜天井にシーリングファンの設置をお考えの方は是非試してみてください!




■iPhone
標準アプリ「コンパス」
※特別アプリをダウンロードしなくても測れちゃいます!


iPhoneでは「コンパス」のアプリを使った際の測り方を説明したいと思います。

iPhoneのiOS 7以降の標準アプリ「コンパス」には「水準器」機能がついています。

先ずはコンパスのアプリを立ち上げます。

2017y10m18d_181706747

アプリが起動したら、画面を左にスワイプします。


S__57843715

あまり知られていないかもしれませんが、これで傾斜がわかる「水準器」になります。
この画面になったらあとは傾斜天井の面にあてるだけです!


2017y10m18d_172054582

するとこんなに簡単にわかってしまいます。

あとは立面図(建物を横から見た時の図)が手元にあれば、だいたい下記写真のような記号が書いてあります。


S__58007554

こちらは45度の記号ですが、その他にこんな表記がございますので参考にして頂ければと思います。


10△0.5 (2.8624度)
10△1.0 (5.7106度)
10△1.5 (8.5308度)
10△2   (11.3099度)
10△2.5 (8.5308度)
10△3    (16.6992度)
10△3.5  (19.92度)
10△4    (21.8014度)
10△4.5  (24.2277度)
10△5    (26.565度)
10△5.5  (28.8108度)
10△6    (30.9638度)
10△6.5  (33.0239度)
10△7    (34.992度)
10△7.5  (36.8699度)
10△8    (38.6598度)
10△8.5  (40.3645度)
10△9    (41.9872度)
10△9.5  (43.5312度)
10△10   (45度)
10△11   (47.7263度)
10△12   (50.1944度)



スタッフ:斉藤功一