ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長がシーリングファンの色々なことについて書いていくブログです。

選び方

18 5月

シーリングファンライトの取り付け工事業者の選び方

こんにちは

シーリングファン専門店fazoo(ファズー)の店長小俣です。


創業2011年から約8年間、シーリングファン20,000台以上の販売や2,000件以上の取り付け工事の中でいろいろな経験させて頂いております。

その中で今回はシーリングファンの取り付け工事業者の選び方について書きたいと思います。


何でもそうですが、知り合いやお願いしたことのある工事店であれば安心できますが、ネットで見つけた初めての工事店だとしっかりと安全に取り付けしてくれるか不安ですよね?

しかもシーリングファンは初めて取り付けるお客様も多く、何が正解なのかはお客様もわからない、、



そんな場合は、お願いしようとしている工事店に一度「シーリングファンを取り付けた事はあるか?」を聞いてみてください。

もし、たくさん取り付けた事があり経験豊富であればある程度安心ができると思いますが、始めてだと思われる場合は注意が必要です。


なぜなら他の照明とは違い、重さがありしっかり固定しなければならないのと、組み立てが少し複雑になっていますので間違って取り付けてしまうケースが結構あるからです。


何故そんなことがわかるか?

なぜなら当店ではメーカーから依頼を受けて、専門店としてシーリングファンの保守メンテナンスも行っているからです。

そんな中で、非常に残念ですが、たびたび間違った取り付けがされているケースに遭遇してしまいます。。


そんな時は説明書に書いてあるのに、、、しっかり読んでよ、、
と思いながらそっと正しい取り付けに戻しています。


間違った取り付け方だとそれが揺れの原因や音の原因につながることもあるので、再取付が必要になってしまいまうケースもあります。


参考までにこれまで遭遇した、間違った取り付け例をいくつか紹介したいと思います。


保守工事_190518_0612


一見、問題なく取り付けてあるように思いますが、こちらは最下部のリモコン受信部のカバーのように見える部分の取り付け向きが逆になります。

本来であれば下記のような形が正しいです。

わからないですよね?

この間違いは特に安全面では問題ないのですが、時々遭遇します。

工事_190518_0589



下記はハングボールという傾斜天井の際に角度を調整するボールの向きが逆です。

保守工事_190518_0824

本来はパイプに貼ってあるシールが、下記の写真のようにハングボールの上のシールと同じ位置にこないといけません。

このような取り付けになっている場合は、パイプとハングボールの固定がうまくできないため異音発生の原因になることがあります。


保守工事_190518_0762

もし、同じ機種が設置されている場合はシールの向きを確認してみてください。

ちなみに弊社工事ではデザインの関係上、しっかりと向きを確認して取り付けた後シールを剥がさせて頂いております。


下記の写真は方向はあっているのですが、フランジの向きが逆です。

シールにはこのシールを傾斜天井の高い方に向けてくださいって思いっきり書いてあるのに、それを無視して逆につけてしまっています。

保守工事_190518_0775



最後にこれは取り付け方はあっているのですが、手垢が付いてしまって汚すぎます。

綺麗な手袋を付けて作業することは基本ですが、もし汚れていたとしても最低限最後は商品を拭いてほしいものです。。。

保守工事_190518_0771


シーリングファンは吹き抜けの上に付けることも多いのでお客様はまずすぐには気づけません。

なので、案外仕上げの掃除をしていないものが多くびっくりします。



如何でしょうか。

しっかりと説明書を見れば、取付方法が書いてあるのに案外間違って取り付けているケースに出会ってしまいます。。

こうなってしまう前に、無料なので一度弊社に相談頂けるとありがたいです。

弊社パートナーである経験豊富な全国のシーリングファン取り付け業者をご紹介することが可能です。

お見積りは無料になりますので、是非ご活用ください!!

みなさんのシーリングファンライフが安全で快適なものになるように、専門店としてこれからも勉強をしていきたいと思います。


それでは!
14 2月

吹き抜けにシーリングファンを設置する場合の選び方 ポイント1

みなさん、こんにちは。

シーリングファン専門店fazooの小俣です。


今回からは良くお電話でもお問い合わせいただく、吹き抜けにシーリングファンを設置する場合のポイントについて、何回かに分けてご紹介していきたいと思っています。

1回目は、「延長パイプ(ダウンロッド)の長さ選びについて」です。


IMG_0108

※写真は吹き抜けに対して理想的な吊り下げ具合です。
※設置事例のシーリングファンはこちら


長年使ったシーリングファンを新しいシーリングファンに取り換えたいとご要望を頂き、ときどき工事に行きますが、その時にたびたび見かけるのが天井にベタっと延長パイプなしで設置されている光景です。

これではせっかくのシーリングファンの効果を最大限に得られません。


延長パイプで吊り下げると「地震などに際に揺れて怖そう」とか「圧迫感が出てせっかくの解放感が」などいろいろと設置された時の事情はあると思いますが、シーリングファンを設置するのであれば、できるだけ延長パイプで吊り下げて設置されることを強くおすすめします!


理由はサーキュレーション効果を最大化できるからです。


シーリングファンは羽根を回転させて風を起こし、お部屋の空気を攪拌させることで空間の温度差を緩和させます。

その際、羽根の上部や左右に十分な空間が無いと、扇風機やドライヤーの後ろを手で塞いだ時と同じように風が減衰してしまいます。

これでは効果を効率よく引き出せません。


延長パイプの長さ選びに関しては、吹き抜けの形状、傾斜の有無、吹き抜けに面した廊下や腰壁が無いか?等によっていろいろ変わってくるのですが、大体3.5m以上の天井高があるのであれば60cm以上の延長パイプを設置することをおすすめします。

5mを超える天井では90cmくらいの延長パイプで吊り下げるのが経験的にベストだと思います。


吹き抜けは開放的で人気の空間ですが、そこに暖かい空気が溜まってしまい冬場はなかなか足元が温まらないというお悩みをよく聞きます。


そんな問題を解消するには、シーリングファンの設置が良い選択ですが設置する際の延長パイプの長さについてもしっかりと検討してみてください。


当店ではメールやお電話でご相談頂ければ、経験豊富なスタッフがお客様のご自宅にあった延長パイプの長さをアドバイスさせて頂きます。


是非お気軽にご相談ください。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



7 9月

シーリングファン選びのポイント その1

006200_J01S

もし、シーリングファンを購入しようかと迷っているのであれば、
できるだけ羽根が大きなファンを選んでほしい。

なぜなら、羽根が小さなものと比べて、ゆっくり回しても
同じ風量とサーキュレーション効果を期待できるからだ。


想像してみてほしい、
小さくてキュンキュン回っている小型犬のようなファンの下と
ゆっくり優雅にまわっている映画のワンシーンのようなファンの下では、どちらが癒されるかを。

もちろん、取り付け場所や部屋のサイズにあったものを選ぶのも重要だが。


ちなみに、国内製のシーリングファンは大きく分けて

羽根の直径「80cm以下、90cm、110cm、120cm以上」となる。

できるだけ110cm以上を選びたい。


今日は口調がこんな感じ。

シーリングファン・インテリアファンの通販専門店fazoo(ファズー)


ギャラリー
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
  • 2019年8月 あたみ温泉古屋旅館 社員旅行
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


ペンダントライト照明専門店fazoo-pl【姉妹店】
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード