ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長ブログです。
シーリングファンのさまざまな事を綴っていきます。 時には個人的な日記なども。

高所

8 9月

横浜市泉区 戸建 1階から2階 吹き抜け シーリングファンライト 取付工事 事例

ご無沙汰しています。

今年の夏は雨ばかりでしたね。
最近、個人的にはこのような「夏なのに暑くない」、「冬なのに雪が降らない」感じが多いと思っています。

海と山が好きな私にとってはいまいち盛り上がらない年が続いています。。

でも9月に入り、少し天気が回復し過ごしやすいシーブリーズが吹いている藤沢です。


さて、今日は久しぶりにブログを書いてみたいと思います。

最近は、功一君が書いてくれるようになったので会社成長させるための色々な仕事に取り込めています。

ありがとう!


今回は5.8mの吹き抜け、シャンデリアからのアンティーク調シーリングファンライトへの交換工事のご紹介をさせて頂きたいと思います。

・天井傾斜:無し
・床から取り付け位置までの高さ:約5800mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:約4400mm
・設置場所:玄関の8畳吹き抜け
・取り付けフロア:1階玄関
・ローゼットの形:交換工事なので電気工事
・ファンの幅:1295mm
・ファンの全高:1374mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:10.6kg


IMG_8663

IMG_8665

上記のシャンデリが割れてしまったということでシーリングファンに交換です。
まずはローリングタワーの組立です。


IMG_8670

IMG_8672

シャンデリアを取り外し、天井の補強具合を確認
もともとのシャンデリアが重いので問題ないとは思いますが、念には念を。


IMG_8675

IMG_8677

取付後の最終チェック
触らなくて良いネジも締まり具合をしっかりチェック


IMG_8682

足場を組み立てたまま動作確認
ファンに揺れが出ていれば、この時点で調整します。

もともとシーリングファンは大きな羽根が回転するので、少しの揺れは許容範囲
ただ、できるだけ揺れが無い形に修正できれば行います。

限界はありますが、、


IMG_8689

IMG_8693

照明も問題なさそうです。


IMG_8696

IMG_8695

しっかりと壁紙やその他のインテリアに馴染んでいます。
施主様は趣味がいいですね。


IMG_8703

最後にちょっと斜めから


5.8mという天井高は現在の住宅ではなかなか無い高さですが、当店の組立足場は室内用でコンパクトなのに最大6.5mまで作業が可能です。

吹き抜けの照明をシーリングファンに変えて、冷暖房効率をアップしたいと思っている方は是非当店にご相談くださいませ。

冷暖房の電気代が20%くらい下がった事例もございます。

お見積りや機種の選定など無料でアドバイスさせて頂きます!


==

8月末で第7期も終わり、株式会社アイ・ヴィレッジは8期に突入しております。

会社の平均寿命が7年と言われている中で、ここまで順調に仕事ができたのも、弊社をご利用いただいた多くのお客様のおかげです。

弊社のお客様を今後もしっかりとサポートしていけるように、無理のない持続可能な会社を作っていければと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。


株式会社アイ・ヴィレッジ 代表 小俣

最後にいつも会社を支えてくれている優秀なスタッフに心からありがとう。






5 7月

船橋市本郷町の2階~3階の5mの吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんばんわ

店長の小俣です。

最近はこの猛暑でこちらのブログも結構見て頂いているようです。
がんばって更新をしないとです。


藤沢に引っ越してからいろいろなことが新しく進んでおりまして、
そのうちの1つが新しいスタッフが増えたことです。

ニューフェイスが入るという事は、いい意味で会社の雰囲気が変わりいいですね。

早く仕事を覚えて、毎日楽しく働いてほしいと思っています。

さて、本題に入らせて頂きます。


今回の工事詳細です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:5250mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4433mm
・部屋の広さ:LDで約16帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:817mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:4.9kg


IMG_2278
 
吹き抜けの始まりのところにレールについたスポットライトがあったので、
今回は照明なしでの設置です。


IMG_2280

開口的には、両側の窓を全開に開けてもファンの羽根と接触しない大きさだったので、この風量の大きなシーリングファンを設置することができました。

直径は120cmございます。

6枚羽根でグッドデザイン賞受賞のシーリングファンです。


IMG_2281

3階の踊り場からです。

90cmの延長パイプで設置すると、手を伸ばすと少し近づきすぎてしまいます。

ということで今回は60cmのパイプを選択しました。


IMG_2283

グレーの本体が吹き抜けをシックに彩ってくれています。

5mの吹き抜けに60cmパイプで設置しても、しっかり下まで風は届いておりました。


冬場になると、大分暖房効果が変わってくると思います。

このような吹き抜けの場合は、上向きの回転だと3階の踊り場に空気が行ってしまって2階が温まらないので、冬場も下向きの回転で、エアカーテンのような役割で使っていただくのが良いかと思います。


当店はこのように2階の吹き抜けなどでも、組み立て足場を使用してシーリングファン取り付け工事を行うことが可能です。

在庫があるものであれば、2種類延長パイプをお持ちして当日お選びいただくという事も可能です。


お陰様で、この春で工事実績も1,000件を突破しました。


シーリングファンの導入をお考えであれば是非一度、当店にご相談ください。

他店ではアドバイスできない商品選びのポイントなど丁寧に説明させて頂きます。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
10 2月

千葉県市川市にて吹き抜け5mの高所天井シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんにちは いやー今日も寒いです。

社員旅行から1か月が経とうとしておりまして、次は社員でバーベキュー大会でも開きたいなーと考えている今日この頃です。


2月も毎日たくさんのご注文やいろいろな問い合わせを頂いております。

これから3月にかけてが一番忙しいシーズンになりますので、工事をお考えの方はお早めにご予約くださいませ。


今日は千葉県市川市で行った、組立足場工事(通称:ローリングタワー)工事の様子をご紹介します。

通常4mを超える天井高ですと、8尺(2.4mくらい)の脚立の搬入は難しいので組立足場の工事となります。

天井の形状によっては4.3mくらいまではぎりぎりで脚立の工事が可能なのですが、それ以上の場合は全てこのローリングタワーの工事になります。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:4950mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3800mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg


当店が持っているローリングタワーは、室内用のコンパクト型のものです。

あまりローリングタワーを自前で持っている電気工事店はいないのですが、当店はシーリングファンという高所に付けることが多い商品を扱っておりますので、それに特化した組立足場の用意があります。


DSC00498

こちらが室内にローリングタワーを建てた様子です。

横幅が65cmで奥行が130cmくらいなので室内でも楽々立てることが可能です。


DSC00499

ちょっと引いた写真です。

実際には今見えてる天板の上に乗って作業します。


DSC00500
 
こちらが完成形です。

手すりも全方向についていますので、安全です。


DSC00501

ここからだと楽々取り付け位置にも届きますし、力も入れられます。


DSC00503

下を覗いた写真です。

こう見ると結構高いですね。でも揺れもあまりなく安全に作業できます。

下に斜めの支えが見えると思いますが、こちらの支えを合わせても2m×2.5mのスペースしか必要ないです。


DSC00504

実際に作業をやっているところです。

90cmの延長パイプを取り付けると結構したまで下がってきますので、床板に座っての作業になります。


DSC00507


取り付け完了です。

実際にこちらのお宅は吹き抜けのサイズが3m×2mくらいだったと思います。

このくらいのサイズがあれば、110cmくらいの直径のシーリングファンを付けてもバランス的にもいいですね。


DSC00515

ちょっと写真の色合いを変えて。


DSC00519

2階から見た写真です。


このように当店では吹き抜けの高所天井でも6.5mくらいまでの高さであれば工事可能です。


シーリングファンだけではなく、高所天井や吹き抜けの照明工事にお困りであれば、いつでもご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 小俣 
20 4月

横浜市神奈川区でシーリングファンの取り付け工事をしてきました。

みなさま、お久しぶりです。

ちょうど1か月くらい更新が滞ってしまいました。
申し訳ございません。

3月から4月中旬まではお陰様で、たくさんのご注文や工事の依頼を頂き忙しくしておりました。

工事に行くと、ブログ見ました!などのお声をたくさん頂きますので、更新しなきゃしなきゃとは思うのですが、どうしてもそこまで手が回らず、月に1~2回の更新になってしまっております。

でもゆっくりですが、確実に更新していきますので今後とも宜しくお願いします。


今回は横浜市神奈川区でのシーリングファンライト取り付け工事の紹介です。

 
・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:3800mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3316mm
・部屋の広さ:リビング部分12畳程度
・取り付けフロア:2階のリビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:484mm
・延長パイプ(延長ロッド):15cm
・ファンの重さ:9.8kg
 

IMG_5967

こちらのお宅はダイニングから1.5mくらいの階段を下りてリビングがあるという、とてもおしゃれなつくりになっております。

通常、3.8mの天井高ですと60cmくらいの延長パイプで吊り下げるタイプをおすすめするのですが、ダイニングからの眺めの関係上、施主様のご意見であえて短いパイプで設置しました。

施主様の予想どおり景観を損なわずいい位置にシーリングファンを取り付けることができました。


IMG_5978

 
こちらがダイニングからリビングに下りてくる階段です。

その横には、かなり広い床下収納です。
これだけあれば、どんな荷物も綺麗に収納できそうです。

私も家を建てるときは、このアイディアを頂こくことにします。(笑)

IMG_5973

こちらがリビングからダイニングを見上げて撮った写真です。

ダイニングのペンダントライトもシーリングファンの羽根の色と合っていてとても素敵でした。


IMG_5972
 
照明をつけるとこんな感じです。

コイズミ照明の電球の色は電球色しか選択できないのですが、今回は当店から昼白色の電球を別途販売させて頂き、取り付けております。

IMG_5971
 
こちらがアップの写真

あかりをつけたときにシェードを綺麗に光らすには、全方向型のLEDをお選び頂けるといいと思います。

だんだんと多くなってきましたが、安いLEDはまだまだ先端しか光らないものが多くあります。


コイズミ照明のシーリングファンは、風量はそこそこありますしモーター音も静かなのでおすすめです。

ただし、取り付けに電気工事が必要な場合がありますのでご注意ください。


IMG_5965
 
最後に窓の方を向いた一枚です。

こちらのお宅は本当に窓からの眺めが良かったです。
窓をみたときゆったりと回るシーリングファンが一層雰囲気をアップしてくれると思います。

これから5月は少し暖かくなって、ゆったりとそよぐシーリングファンの風がとても気持ちいい季節になります。

少しでもシーリングファンが気になる方は、相談は無料なのでなんなりとお電話でお聞き頂ければと思います。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣 



 
ギャラリー
  • 和光市 戸建て シーリングファン 取付工事 チラつき軽減 事例
  • 和光市 戸建て シーリングファン 取付工事 チラつき軽減 事例
  • 和光市 戸建て シーリングファン 取付工事 チラつき軽減 事例
  • 和光市 戸建て シーリングファン 取付工事 チラつき軽減 事例
  • 豊島区 戸建 海外 輸入 シーリングファンライト Minka Aire Light wave 取付工事 事例紹介
  • 豊島区 戸建 海外 輸入 シーリングファンライト Minka Aire Light wave 取付工事 事例紹介
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


ペンダントライト照明専門店fazoo-pl【姉妹店】
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード