ceiling_fan

シーリングファン専門店fazooの店長ブログ

シーリングファン専門店fazooの店長ブログです。
シーリングファンのさまざまな事を綴っていきます。 時には個人的な日記なども。

5m

5 7月

船橋市本郷町の2階~3階の5mの吹き抜けへのシーリングファン取り付け工事

こんばんわ

店長の小俣です。

最近はこの猛暑でこちらのブログも結構見て頂いているようです。
がんばって更新をしないとです。


藤沢に引っ越してからいろいろなことが新しく進んでおりまして、
そのうちの1つが新しいスタッフが増えたことです。

ニューフェイスが入るという事は、いい意味で会社の雰囲気が変わりいいですね。

早く仕事を覚えて、毎日楽しく働いてほしいと思っています。

さて、本題に入らせて頂きます。


今回の工事詳細です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:5250mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:4433mm
・部屋の広さ:LDで約16帖
・取り付けフロア:2階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1200mm
・ファンの全高:817mm
・延長パイプ(延長ロッド):600mm
・ファンの重さ:4.9kg


IMG_2278
 
吹き抜けの始まりのところにレールについたスポットライトがあったので、
今回は照明なしでの設置です。


IMG_2280

開口的には、両側の窓を全開に開けてもファンの羽根と接触しない大きさだったので、この風量の大きなシーリングファンを設置することができました。

直径は120cmございます。

6枚羽根でグッドデザイン賞受賞のシーリングファンです。


IMG_2281

3階の踊り場からです。

90cmの延長パイプで設置すると、手を伸ばすと少し近づきすぎてしまいます。

ということで今回は60cmのパイプを選択しました。


IMG_2283

グレーの本体が吹き抜けをシックに彩ってくれています。

5mの吹き抜けに60cmパイプで設置しても、しっかり下まで風は届いておりました。


冬場になると、大分暖房効果が変わってくると思います。

このような吹き抜けの場合は、上向きの回転だと3階の踊り場に空気が行ってしまって2階が温まらないので、冬場も下向きの回転で、エアカーテンのような役割で使っていただくのが良いかと思います。


当店はこのように2階の吹き抜けなどでも、組み立て足場を使用してシーリングファン取り付け工事を行うことが可能です。

在庫があるものであれば、2種類延長パイプをお持ちして当日お選びいただくという事も可能です。


お陰様で、この春で工事実績も1,000件を突破しました。


シーリングファンの導入をお考えであれば是非一度、当店にご相談ください。

他店ではアドバイスできない商品選びのポイントなど丁寧に説明させて頂きます。


シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
10 2月

千葉県市川市にて吹き抜け5mの高所天井シーリングファン取り付け工事の事例紹介

こんにちは いやー今日も寒いです。

社員旅行から1か月が経とうとしておりまして、次は社員でバーベキュー大会でも開きたいなーと考えている今日この頃です。


2月も毎日たくさんのご注文やいろいろな問い合わせを頂いております。

これから3月にかけてが一番忙しいシーズンになりますので、工事をお考えの方はお早めにご予約くださいませ。


今日は千葉県市川市で行った、組立足場工事(通称:ローリングタワー)工事の様子をご紹介します。

通常4mを超える天井高ですと、8尺(2.4mくらい)の脚立の搬入は難しいので組立足場の工事となります。

天井の形状によっては4.3mくらいまではぎりぎりで脚立の工事が可能なのですが、それ以上の場合は全てこのローリングタワーの工事になります。


・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:4950mm
・ファン本体最下部から床までの高さ:3800mm
・部屋の広さ:LDで約12帖
・取り付けフロア:1階リビング
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1100mm
・ファンの全高:1150mm
・延長パイプ(延長ロッド):900mm
・ファンの重さ:7.4kg


当店が持っているローリングタワーは、室内用のコンパクト型のものです。

あまりローリングタワーを自前で持っている電気工事店はいないのですが、当店はシーリングファンという高所に付けることが多い商品を扱っておりますので、それに特化した組立足場の用意があります。


DSC00498

こちらが室内にローリングタワーを建てた様子です。

横幅が65cmで奥行が130cmくらいなので室内でも楽々立てることが可能です。


DSC00499

ちょっと引いた写真です。

実際には今見えてる天板の上に乗って作業します。


DSC00500
 
こちらが完成形です。

手すりも全方向についていますので、安全です。


DSC00501

ここからだと楽々取り付け位置にも届きますし、力も入れられます。


DSC00503

下を覗いた写真です。

こう見ると結構高いですね。でも揺れもあまりなく安全に作業できます。

下に斜めの支えが見えると思いますが、こちらの支えを合わせても2m×2.5mのスペースしか必要ないです。


DSC00504

実際に作業をやっているところです。

90cmの延長パイプを取り付けると結構したまで下がってきますので、床板に座っての作業になります。


DSC00507


取り付け完了です。

実際にこちらのお宅は吹き抜けのサイズが3m×2mくらいだったと思います。

このくらいのサイズがあれば、110cmくらいの直径のシーリングファンを付けてもバランス的にもいいですね。


DSC00515

ちょっと写真の色合いを変えて。


DSC00519

2階から見た写真です。


このように当店では吹き抜けの高所天井でも6.5mくらいまでの高さであれば工事可能です。


シーリングファンだけではなく、高所天井や吹き抜けの照明工事にお困りであれば、いつでもご相談くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 小俣 
17 12月

海外 輸入 ハワイ 南国風 シーリングファン Fanimation製 THE ISLANDERの取り付け工事

みなさん、こんばんわ!

いやーお陰様で本当に年末は忙しく、ブログの更新が滞りがちです。


昨日は体調が悪く、そろそろやばいかな?と思いましたが、打ち合わせの後お酒を飲んだらすっかり良くなりました!

アルコール消毒ってやつですかね。素晴らしい。


今は少しのどが痛いだけなので、このまま順調に回復に向かってくれればありがたいです。

年末ぎりぎりまで盛りだくさんの工事予定なので、体調を壊すわけにはいかないです!はい


そんなことより、2回連続になりますが今回は海外の素敵なファンを取り付けてきましたので、そのご紹介です。

名前は、 Fanimation製 THE ISLANDER です。

うちと取引のあるパシフィックシーリングファンさんで扱っています。

もし、ご興味あるかたはお問い合わせくださいませ。


メーカーのHPは下記になりまして、

http://www.fanimation.com/products/islander/

恐らく商品は下記のリモコン付になると思います。
お客様持ち込み工事だったので、100%正解ではないかもしれません。

http://www.fanimation.com/products/enlarge.html?family_id=1&group_id=459



取り付け場所は、1階~2階の吹き抜けのリビング天井で5.3mになります。

いつも通り、ローリングタワーという組立足場での工事です。

今日は写真を多めに紹介していきます。

IMG_8944

こちらが配線です。
ここにファンを取り付けます。


IMG_8946

ローリングタワーという組立足場を2段組んでいます。
下にあるソファーは少し移動させて頂きました。


IMG_8950

箱を開けて組立です。
海外製のシーリングファンは日本のものに比べて部品が多く複雑です。


IMG_8951

こちらが今日取り付ける羽根です。
本物の植物で作られているようです。


IMG_8952

味わいがあります。


IMG_8953

これが金具で羽根を挟み込んだ後です。
羽根は破れやすいので取扱い注意ですが、予備の羽根が一枚同梱されておりました。


IMG_8956

シーリングファンのベースを天井に施工していきます。

今回のファンはそこまで重くないのですが、特に10kgを超えるシーリングファンの場合は、しっかりとベース金具を固定することが必要です。


IMG_8958

羽根を取り付けていきます。


IMG_8959

羽根がすべて取り付け終わりました。
なんとも言えない絶妙なバランスです。


IMG_8960

少し上から見た写真です。


IMG_8963

取り付け完了です。
作業時間としては、2時間程度でしょうか。

通常の日本のシーリングファンが大体1時30分程度で終わるので、30分くらい多くかかっています。


IMG_8964

吹き抜けの横にお部屋があり、そこからの写真です。
ダウンロッドの長さは今回90cmくらいだったと思います。


IMG_8969

上からの写真


IMG_8975

下から


IMG_8977

もっと下から
羽根のバランスがいいですね。
風量も結構あり、しっかりと5mの吹き抜けの空気を循環していました。


IMG_8978

最後に横からの写真です。


お客様のリビングの家具は全てハワイを意識したものになっており、このシーリングファンを選んだ理由がすごく良く分かりました。

私もあこがれてしまうくらい、素敵なお家になりました。

きっと友達などを呼んだ時にも、みんなの憧れの部屋になること間違いなし!



このように当店は海外製の輸入シーリングファンの取り付け工事も承っております。

今までの経験と知識を生かして、しっかりと確実で安心できる工事を心がけております。


何かシーリングファンでお困りの事がございましたら、お気軽にお電話くださいませ。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣



 
1 7月

神奈川県大和市でシーリングファンの取り付け工事をしてきました。

こんにちは。

お天気が安定しなく、洗濯物を気持ちよく干せない日々が続いていますね。

そんなときでも、シーリングファンの下に洗濯物を干すと乾くのが早くなります。

しかーも、生乾きの匂いがまったくしません。

理由は早く乾くからということだと思いますが、もしかしたら風があたることで菌の発生を防ぐという効果もあるのでしょうか。


このようなメリットもあり、梅雨のシーリングファンはおすすめです!


さて本題ですが、久々の取り付け工事のご紹介です。

・天井傾斜:なし
・床から取り付け位置までの高さ:約5m
・ファン本体最下部から床までの高さ:約450cm
・部屋の広さ:10畳程度(吹き抜け4.5畳程度)
・取り付けフロア:1階から2階のフル吹き抜け
・ローゼットの形:丸形シーリング
・ファンの幅:1045mm
・ファンの全高:536mm
・延長パイプ(延長ロッド):300mm
・ファンの重さ:約4.8kg

IMG_7834

久しぶりのラタン柄での設置です。

今回はお客様支給のシーリングファンを取り付けさせて頂きました。

本来5mの天井高であれば、60cm~90cmくらいの延長パイプで設置するのがベストなのです。

ただ、こちらの高さでのお客様は非常に満足してくれていたので良かったです。

IMG_7829

上からの写真です。

この商品はリバーシブルになっており、表がラタン柄で裏は木目調です。

お好みに合わせてネジ3つで交換が可能です。


IMG_7825

斜めからのアップ


IMG_7833


引きの写真です。

やはり少し天井側に寄りすぎているような気がします。


1階~2階や2階~3階などの2フロア分あるフル吹き抜けへ取り付ける場合は、最低でも60cm以上の延長パイプをお選び頂くと快適ですので、覚えておいてください。

それでは、まだまだ仕事が残っておりますのでこの辺で。

シーリングファン専門店fazoo 店長 小俣
 
ギャラリー
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
  • 藤沢市 戸建 1階リビング 新規配線 シーリングファン 取り付け工事 事例
質問やメッセージお受けしております。


Google+
blog_fazoo
シーリングファン・シーリングファンライトの通販専門店はこちら


fazoo姉妹店ペンダントライト照明店オープンキャンペーン中
fazooペンダントライト・ダイニング照明の通販専門店はこちら
fazoo店長ブログ内の記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード